三麻の日記

お母さんの毎日

一流の読み、一流の判断

こんにちはお母さんです。
f:id:zmatome:20180225115524j:plain
f:id:zmatome:20180225115622j:plain
よくこんな質問をされます
「どうしてお母さんなんですか?」
正直いって知りません。それくらい自分で調べて。

本題に移りますね。
「無理ラス」
本当の無理ラスもあるけど、自分で運ゲーにしてる事も結構あるわけで。
100%のパフォーマンスをできてることって、逆にあんまりないんじゃないかと思う。
読みや判断に一巡一巡を精通させて自分は打ちましたって人間、あんまいないでしょ。

そんなこんなで、今日は昼頃観戦していたら
本当に良いものがみれた。
俺だけかもしんないけど、俺はこういう判断ができる人間を本当に強いと思う。
皆さん的に当たり前だったらごめんな。

では見てくれ
f:id:zmatome:20180225113007p:plain
一人浮きのライバルへの放銃も親への放銃も大罪な局面。
生ハイは発のみ。
親は色のばらつきからみても、役バック(役あんこ)濃厚。
対々もあるが、赤半分無し、北なしで3900濃厚の発信はあまりしないだろう。
切ればリーチだが切らずとする
f:id:zmatome:20180225122204p:plain
しかしながら絶好が入り三面の3900~確定としたがどうか?
ここでもぐっと我慢した。
発単機で曲げもできるが
「あんこで入っていた場合」或いは
「役バックとみた場合」
いずれも残り枚数は0か1で不利な廻り合いとなる為それでは部が悪いとみて脳死運ゲーにはしない。
待ちや打点というのは押し引きの大きな材料だが
一番切れないと抱えたはいを、場況が変わらないのに一翠の甘えだけで捨ててしまうのであれば
それは読みでもなんでもないだろう。
切れないと思ってたけど三面だから切りました。
なんかこれ悲しくね?
自分の読みをたった1枚の誘惑だけで裏切るって。
とはいったものの、自分もそういうことはあるのだけど。
こういう信念ってやっぱね、大事だと思うんだ。
f:id:zmatome:20180225114016p:plain
こうなるとちょっとあがりは厳しそうだけど、4pくらいは粘る。この粘りも大きなポイント。
抜けばその時点で加点はなくなるわけだから。
うっかりの満願ツモが異常に偉い。
で、次が佳境

f:id:zmatome:20180225114212p:plain
ツモ3pときて、いよいよ厳しい。
発も切らずと決めていた以上、抜いて終わりかと思った。
少しの間の後になんと、千点棒が飛び出したのだ。
しかも三面テンパイを拒否してまで我慢した打「発」でな。

これ。これが心震わせた。
いやいや、おまえさっき自分で「一度切れないと抱えた~」とかいってなかったっけ?って話なんだけど、まさにその通りなんだよ。
予想なんだけど、これのすごいところって
「親の9m手出し」を多分しっかり見れてるんだよね。
最初の写真の時点で、親は発発9m9mのバックだった。
そこで切った9mに、もしかしたらラグが入っていたのかもしれない。
そのラグを込みで実戦中に判断できたと考えると、一枚てだしの9mの順目はポンはあっても親へのロンは無く、さっきまで一番切れなかったハイが
「唯一きりえる時」が、つまりここだった。
2枚目の9m後だと、ちゃっかり組み直しで親へ当たるパターンは微増するが
ここ一時だけは、信じきった一打だったはず、
子供に刺さるパターンもなくはないけど
親の手を考えたときに
発バック濃厚と読むのなら枚数的に
子供には単機しか当たらない。
①親が持ってると読む
②絶対にきれない
③降りた、まわったタイミングを正確に読み、一転攻勢に回る。

これ、できるやつあんまいないと思うんだけど。。
どっかで発で放銃してるか、3p掴んでおりてる人が大半だと思うし
もしかしたら実戦中は俺だってその一人だ。

f:id:zmatome:20180225115213p:plain
んでもってこう。
親は99m発発からツモ3pで切らずに9m→発ポン→打9mとした。
多分これ、親が9m手出してなかったら、発切らないんだよね。

立体的な読みの典型的なお手本な気がしたので、あげてみた。
(子供に発が刺さる分には、多分納得していただろう)

素晴らしい局をありがとう。