三麻の日記

お母さんの毎日

2/17 三鳳オフ(閉幕)

どうも、お母さんです。
f:id:zmatome:20180219085024p:plain

当日は気持ちの良い目覚めを迎え、郵便物を取り新宿へと向かった。
楽しいことを控えてる分、電車の中だというのに陽気な気持ちで踊り出すお母さんがそこにはいた。

新宿につき、岩とまめ君とリプをしながら到着した。
岩「しゅらるさんと二人で禁煙にいる」
それを聞いた俺は今すぐ岩という男の魔の手にかかりかけているしゅらるを助けに飛行機でぜんりょくで向かった。

お母さん「もっと早くならんのか……ギリッ」
操縦士びぎなーず「これが限界や笑」
お母さん「笑ってる場合か!?」
操縦士びぎ「ルバンザサーッwww」
そうこうしてるうちに俺は遂にZOO新宿店の5階にきていた。
右から一人のその男が歩いてきた
お母さん「お、お知らせさん!!どうもです」
お知らせさん「エロゲーはストレスがたまらないけど、天鳳はストレスがたまるよ」
お母さん「そうですね!?」
会場に入ると、そこには三鳳の会ったことのない人間がズラリ。
初戦は岩+お知らせ卓
お知らせさんに良いところを見せ、岩に麻雀とはなんなのか?を教えてやろうと気合いを入れたお母さんの起家
ハイパイはというと、はるか千葉から新宿にやってきた人に渡すようなハイパイとは思えぬ体たらくなカス。
心の中では野々村議員と豊田議員がお母さんに憑依していた。
そして開幕から岩の不正が輝く。めんぴんつもドラ4親かぶり。
ここでも豊田議員が「違うだるぉぉぉぉ!!!??」と葛藤していた。
色々あってラス。ほんま岩の野郎💢
しっかし、前のオフの時もそうだったんだけど
お知らせさんの押しがすげー鋭い。
危険ハイを斬るときの戸惑いが全く無いくらいに
ただ1枚危険ハイを置く動作の一回一回に
心がやられそうになるってすごいよね。
それからは
お知らせ+まつたけ、お知らせ+しゅらる、お知らせ+まめ、お知らせ+まめ、お知らせ+遠藤、お知らせ+ベッソノ

あのなwww何回俺はお知らせさんとやらなきゃいけねえんだよww何気なく続行してたけど
お知らせお知らせお知らせお知らせお知らせお知らせ
本当にお知らせ祭りで
内心(また!?またかよ!?おいおいwふっざけんなw楽しいけど辛すぎる)とばかりw。
途中三回くらいかな?二件リーチ中に「この一枚を通せればりゃんめん+満願」
みたいな展開が重なって、行けない→あがりのがし→通ってました→他家の勝負手炸裂
これが立て続けに続いて何故かびぎなーずの犬のアイコンが頭に浮かんだ。
ようは押せよカスっいうことだろうな。
ほっせえ麻雀打っちまったよ。
けど、やっぱりここだなという自分の弱さのポイントを改めて痛感できることでもあった。

時間も過ぎていきこのままではタプロウと打てなくなると焦った俺は
別卓で観戦していた梶お兄さんに
「ここ、入りませんか?(願望)(べっそ十段+お知らせ会長卓)」
梶お兄さん「入りますぅ」(やったー!!!遂に地獄卓解放)
鬼卓に梶お兄さんを放り込んだ後に遂にミャーブレイクとの戦い。
まずはこのうるせえ鳴きをだまらせねえとな。
ツモ、6オール。
あがったのはお母さん。むだづもなしの不正パッツモを五順目に決めどや顔。その後展開が味方しトップ。
次戦は岩の不正が爽快に決まる。
タプロウにはあまり手が入らなかったが、それでも楽しく振る舞ってくれて
岩というマナーのかたまり。
ふらっしゅというトークマシンにより最高に面白かった。
そうそう
岩ラスメ、マメトップ目、ブレイク2着親番
これで、岩が三倍万ツモをあがった。
作った形が14順目22235566778999s北抜2
から8sきりリーチ中にの1sツモ。
俺は「一旦8sきってぴんずの456を引いてたんきでりーち、あるいは2s切ってシャンテん戻し」をアドバイスしたんだけど
岩が「それはありえない。」という。
うん、俺もなにいってるか分からねえよ岩、助けてくれ。
しっかし北岡先生には爆笑したわ
お知らせさんが切っ6sに45sを晒してきたから本気で「え!?」っていったら
ロォンッ!!8000wwってw
もう一個笑ったのが
お知らせさんがリーチして「ツモ」(カカカカカカカカッ理ハイ→倒ハイ)で、なんや理ハイやたらなげえな?って思ったらチートイを
ABCDEFGABCDEF ツモGみたいな(順番ちょっと違うもかもだけどとにかくバラバラw)訳のわからん理ハイ披露してきたw

スコアとしては最終5000円浮きくらいで終わった(途中謎のスコアお知らせ1位まめ2位税2位という帳簿があってラスが存在してねえwっていうww)
そのあとあきにゃんも合流して居酒屋へ。(大嘘)

これが面白かった。
19:00~22:30までいたのかな。
ずっと盛り上がっていた気がする。
しゅらるさんが席だけ予約しておいた事が完全に効いた。
コースだと21:00に追い出されていたからな。いやはや助かった。
机が2つ横並びに並んで
しゅらりん ぱーとん まめお お知らせさん 岩美
かじお兄さん 税お母さん ふら子 園子 樽子
っていう感じ。
俺の横でみゃみゃっとはうるせえし
前のパートはまめにだきついてるし
横の梶お兄さんはいい人過ぎるし
しゅらるさん可愛いし
トイレにいくたびに、しゅらるさんにアイコンタクトで「と、い、れ、に、き、て、ね」と送るも完全に空をきられた。まぁ、彼も緊張しているのだろう。
「しゅらるさんとワンチャンあるで」「しゅらりんといけるかも」とか書いてたの本当デラきもいお母さんww
パートさんとお母さんが向かって話してると、
パートさんとお母さんっていう耳障り的に、町でよくあるご近所さんみたいなシーンかよってな。
しゅらるさん、本当硬いですよね?って何回も同じ質問をしておいた。
意外なのがしゅらるさんってあんだけ良い麻雀打ってて強いのに段位に8989の変動が一度もないんだよね、びっくり。
突然床オナの話になったときに
畳の場合は痛いのか?について
梶さんに聞いたら
「繊維に揃えてやれば大丈夫なんじゃないか?」
という真剣な眼差しに俺は背徳感につつまれた。
からのしゅらる君のチョリソー。(謎)
誰も聞いてないのに黒ギャルが好きだと豪語するふらっしゅ。
彼女にとんでもない条件を出すパート。
可愛いい可愛いいまめ。
ふらっしゅに質問しておいてオルタナティブガールズを起動するお母さん
大変なテーブルだった。
隣席の遠藤べその岩お知らせは大人の三鳳トークを繰り広げていて
こっちもくだらないトークを繰り広げていた。
しめじんの話が4分くらい出た。
ハードルあげといたから宜しく。
グラの話も2分は出た。
リングの話も3分くらい、ユウニャの話が30分くらい。
しまのさるが30秒、カリーナが6秒くらい。
これわりとマジで正確っぽい時間やで。
あとあきにゃんの話が五時間。
これがマジ苦痛だったにゃん。
にゃん。にゃんとお母さんの直対ほんと笑えねえって
話が4秒は出たな。
後はやっぱりみんな秋刀魚民だけあって、どっちのテーブルも秋刀魚の話がぎょうさんでとった。
それから居酒屋を跡にして駅に向かう一向。
駅の前でみんなが解散とするときにお母さんはこう言いました。
「まだ打ち足りないので新宿で打ってきますwお疲れ様でした!」と。

そしてお母さんは一人新宿の大海原へと駆け出した。
ゴッド、ポイント、グレイとブルー、数ある東トンが並ぶ中お母さんがチョイスしたのは
新宿最強と噂される半荘店「ZOO」という裏雀荘
だった。
中に入るとアルマーニのスーツを着た男性店員が俺にこう聞く
店員「いらっしゃいませ、当店の会員証はおもちですか」
母「はい」(ツタヤのカードを見せる)
店員「なめてんですか?」
母「裏の名前みてみ」
店員「……だ、だいてんし、まきにゃんだと!!??し、失礼しました!!ご案内致します」
母「にゃん」
こうして俺はZOOのTENGOという裏ルールに誘われた。レートは想像にお任せするぜ?
とりあえずいっちょ猿どもを揉んでやるかと始めた
上家は御曹司(本当はおっさん)
対面は総理大臣(本当は若い人)
そして一番驚いたのが下家のzkurt(本当は若いメンバー)

母「zkurtさん!?」
zkurt「ふふ、くると思ってたよ。今日はおまえを殺しにいくよ!けけけ」
母「まさかこんなところで会うとはな……けど俺は負けねえぜ??」
調子もかなりよく0-0-3-2
俺が猿だったww
ただしここのお店は新宿最強の半荘店なので無理もない。誰が打っても平準3.5になるような店なので俺はなまじ頑張れていた。

そのまま新宿の秘境テルマーユへと行き朝になって翌日の10:00からヒッキー、優子、鉄と四麻東風28戦やって負けておわり。
今から岩と映画、かったりぃけどいってくるわ