三麻の日記

お母さんの毎日

みゃーぶれいくに学ぶ

どうも、三只眼です。

今回はちょっと諸事情により、ピックアッププレイヤーに前後が生じましたが、まぁまぁ見ていってくださいね。

まずは基本データからいくぜ
f:id:zmatome:20180123105805p:plain
みゃーぶれいく 現九段
約1500戦安定7.855
直近1000戦安定8.132最高九段R2361
着順比率1>2>3 ポイント:積極的な鳴き

最近九段にのしあがったみゃーぶれいく選手。
三只眼ガイドブックによると
奥さんの「優子」
もうすぐ出産となる「KANAKO☆」
を所帯に持つ幸せな家庭の一家の主。(出産するのはみゃーぶれいくではありません、そしてフラッシュ、タプロウという別名有り)
私的にタプロウが一番気に入ってる。

他の人の着眼点とは違うかもしれないが
みゃーぶれいくさんの特徴は?と聞かれれば個人的には「鳴き」それも特に「役碑バック」だと思っている。
仕掛け、基本手組、ある程度の押し引きのラインは一定の水準が、見えずともあると考える
「ポンテン良×良シャンテン」→鳴きましょう
「12p135s」→12pを切りましょう
「愚形含み低打点後手2シャンテン」→リーチには退きましょうみたいな。
超大雑把だけど、鉄認識として共通されてるソレを今更あれこれ言うまでもない。
みゃーぶれいくの「仕掛け」というよりは「仕掛け方」がなかなかに独特だと思うのだ。

体感だが、三麻の鳴きは四麻以上に難しく思う。
展開が早く、一枚あたりの放銃率が高い三麻では
手詰まりからの放銃というのも割合多い。

打点の強い仕掛け、受けが柔らかい仕掛けのような
迷いの生じにくい鳴きは
例えリーチが入っても「手ハイ価値的な意味での押す材料」があって仕掛けをいれてる分
愚形含みの仕掛けと比較して、多少は行きやすい。

難しいのは、この局面をどうしても乗り越えたいが、どら周りも乏しく、北や赤もなく愚形もある。
そんなギリギリの仕掛けをどこまでアクセルできて、どこでブレーキをできるか
大概最低でも本手の一件とぶつかるケースが絶えない弱い仕掛けは
たった一枚の切り出しのタイミングや読みの精度がかなり要求される。

従って、手ハイ50点以下クラスからの仕掛けの難しさってそういう高度な所にあるのだと思う。
ポンっていうのは簡単だけど、
4麻と違って一色少ないんだから、微押しですら刺さりまくるというのに
ろくな手でもないところから短くして手詰まるってのは
典型的な死んだ仕掛け。といっても過言ではない。

さてさて、前置きは長く長くなってしまったが
実践のっ世界にっ!!みゃみゃっと!!

みゃみゃっと①
f:id:zmatome:20180123115334p:plain
賛否はさておき
いきなりの、ど偉い仕掛け。
親のあがりがなかなかに面倒なので、少しでもプレッシャーを与え、できるだけ打碑に影響をかけていく腹か。
めちゃくちゃ遠くにホンロートイが見えるが、1,2枚重なるだけで結構現実的になるんだなとも思ったり。
自分の手が激薄なので、必然的に、脇二件の手が成就するであろう。
この状態で2フーロ目を行くのかが些か難しく思うが、1mポンするなら全部発進するのか。
これの難しいのは、脇に入った強いダマをぎりぎりの所で看破できるかどうか。先述した対応力というのは、そのブレーキスキルもかなり含まれている。
最序盤の三麻のクソ鳴きで相手が早々に降りてくれるケースは本当に少なく思う。
序盤だからこそ、なんでも切られてしまう感じ。

みゃみゃっと②
f:id:zmatome:20180123120612p:plain
全力2000☆
これの少し良い所って、ただの2000バックってだけではなくて
2p発のバッタになったときに
ソウズの入り方次第でホンイツシフトも一応の選択しに残せる点
f:id:zmatome:20180123120849p:plain
ね、例えばここに発より先に3sツモったりしたら打2pでもバランス自体はそんなに崩れないよね。
3sは都合良すぎるにしても、9s引いて打2pって手順も無くはないよね。マックス打点四倍だし、2p残すなら発が絡むあがりが前提になる
ならかりに半歩遅れて発をストレートに咎められなくても
鳴いた後の形も十分勝負になるよね。

みゃみゃっと③
f:id:zmatome:20180123121230p:plain
そーれ加速だ!全力2000☆
自分は声出なさそうだ。攻撃力の鳴いターツ不足の四対子は、どうしてもチートイを見てしまう。
最近スピード意識が0!
タプロウはここでポンを選択、打ったのは発だから、完全にかわす手組
f:id:zmatome:20180123121605p:plain
入り目は4sだったが、南先引きでかなり引き締まった形になる
得意の2pと役碑のバッタ。
みゃみゃっと2,3同様に腰の軽いポンの声がよく出るよく出る。スピード感はすさまじい。

みゃみゃっと④
f:id:zmatome:20180123121955p:plain
これ、たまーにこんな1sってフワッと切りたくなるんだけど、結構手役の種になったりするんだよね。
14589は、他に強浮きがあれば優先的に切られちゃうけど
134589の1、124568、の8なんかは「あと2枚別を自力で埋めれば一通の形」と考えると結構偉い。
打点が無くて大した強浮きが無い場合は
重なりなしの六枚持ちの色は少し厚めに持つのも良いだろう。パット見切りたくなるけどね。
f:id:zmatome:20180123205324p:plain
タプロウの美しい最終型。みゃみゃっと満願っ!

みゃみゃっと⑤
f:id:zmatome:20180123205748p:plain
今回はドラドラっていうのもあるけれど
果敢に局参加。ターツも不足しており形もかなり悪く、ここからも結構厳しそうだが
指を加えてみてたらもっと間に合わない。
ならば後の事はとりあえず後!とりあえずみゃみゃっと鳴いちまおうぜ、ってか?みゃーさんらしいな。
しかーし二段目すぐに親リーが入る、どうなる?死ぬか?生きるか?

f:id:zmatome:20180123210440p:plain
57789pから梁面えと切り替わり同テンを引き勝つ。
未来は誰にも分からないけれど
麻雀の基本はアガリを目指すゲーム。
リスクをしょっても前に出る姿勢超大事。

みゃみゃっと⑥
f:id:zmatome:20180123210941p:plain
鳴くと親の現物が乏しくなり、展開によっては手詰まりになるかも……けどそんなの関係ないねっ。俺はみゃーぶれいくなんだから!
そーれみゃみゃっと!!3900+赤も北もまたまだあるから前進前進!面前だと遅いって!!
しかしまたしてもリーチが入る……

f:id:zmatome:20180123211416p:plain
静かに1枚、2枚と押していき満願テンパイ!
しかし47p待ちの半オナテンに敗れる。
本当によく仕掛ける。けど仕掛けて短くなったから放銃っていうパターンは見た感じ少なく
あんまりマイナスのことばかり考えず、積極的にパズルを解きにいく。
鳴かないのは簡単だけど、鳴くっていうのはやっぱり対応力が凄く求められて、それがうまく型にあってるように思う。

みゃみゃっと⑦
f:id:zmatome:20180123213814p:plain
これね。
リーチするのか?だまなのか?待ち取り?
個人的には4p切りダマ。
これだけ強い打点が見えてると、ただでさえ降りればトップの親は完全に降りる→一巡間の「1/3」の抽選が消える。
2着目は形によってはこの順目故にあがりも見なければいけないが、予想以上に形が悪い場合は親と一緒に仲良く降りましょって事になる。
一巡の間に自分を含め3のあがりがあるとすると
リーチをかけることでその数字は1~1,5くらいには落ちると思う。
特に親が限りなく降りに入るので、そこでの1の抽選を消すのは、必然的にラス率に直結するように思う。
今回は自分の大物手が周りに見えてるので
親も役なしテンパイで曲げにくく、曲げるどころか、道中の手順でさえ万が一は犯せないという制限がかかるぶん
「ダマにすることで自由に打たれる」のデメリット部分は幾らか緩和されるだろう。
しかしタプロウが選んだのは3p切りで
f:id:zmatome:20180123214815p:plain
こういう不正を平気でするwこれは痺れるな。
ラス回避ではなく、裏裏条件まで見越してのトップを見た……ということなのか?
あなたならどうする?
つづけてこのリーチ判断
f:id:zmatome:20180126104906p:plain
掴んだら打ちたくない牌がちょっと多すぎるのと
終盤のリーチ自体にメリットが少ない。
ダマでも打点は十分なので、リー棒一本も惜しむ意味も含めてダマ。
オーラス千点に泣く事も少なくない。
f:id:zmatome:20180126105422p:plain
ちょっとだけヒヤッとする牌。(3s→13pの手順なので一旦6ブロックに受けてる時のみあたり得るので結構通るか)
パット見5s以外にも引きたくない牌が多い。
申し訳ないことにリーチ派の意図を汲み取るスキルがないので、タプロウ後で教えて

みゃみゃっと⑧
f:id:zmatome:20180123215430p:plain
ちょっと難しいが、3900~の下家に若干打ちづらいと感じているのか。
早いとこ離してしまいたいが
てんぱったら切る→逆にてんぱらないと切らないっていう事になるんだけど
こういうの本当よくあるやつだよね。
今回は結構すぐテンパイが入りそうな形。
6sが間に合わなくなる事で、テンパイ時に勝負して刺さる。
6sが既に当たりという事で、脇やツモで失点数よりも自分がノーテンから放銃を引き受けてしまう。
どちらが自分にとって感触が悪いのか?ってのもあるけど
それってやっぱり相手の河にかなり依存すると思うんだよね。

今回の見解とするのなら
①河の濃度で言えば中張碑は一枚しか出ていないのだから、まだ通りそう
例えばここまでに4p→7sとか入ってると結構打ちにくいけど。
②順目的にも、大体の人間が張れば押すだろう。
形もそれなりに良いので現状はかなり前のめりに構える方針
以上の事から
どっちが痛いか?を考えると
間に合わなくて刺さる、の方だと私は感じた。
この辺のさじ加減も、結構違う所。
それでも残す人間は残した中でなんとかしようとする訳で
手なりだろうが何だろうが、その組み直しができる自信や術も持ち合わせているのだろう
f:id:zmatome:20180124104653p:plain
タプロウの見事な迂回
余談だけどこれは
f:id:zmatome:20180124105143p:plain
f:id:zmatome:20180124105354p:plain
守備の修羅「かいてき」氏の廻し。
廻し打ちとは言うけれど
牌が来るままに打ってはいるが、その「使いきってなんとかする」って事じたい、結構難しいよね。

みゃみゃっと⑨
f:id:zmatome:20180124094441p:plain
こんな状況でも元気にポンっ!
としたがどうか?
みゃみゃっと①で述べたように、自分の手にドラ、ドラ周り、赤、北が著しく少ないとき
相対的に他家の手に厚みがあることが多い。
となると?序盤のこのドラ0、ドラ色でもないこの染めには
f:id:zmatome:20180124095009p:plain
そう、なかなか絞られる展開にはならない。
今回の仕掛けの意図はみゃみゃっと①の1mポンとは違って、プレッシャーや絞りは抜きにした純粋にあがりへと向かう鳴きなので絞らせることがポイントではないが
とにかくドラ色と逆側の染めは結構なめられることが多い。北が一枚抜けてればそれだけでちょっと違うんだけどね、
面前でも遅いし打点ないしだいたい他家の方が早そうな感じだけど、如何にもタプロウっぽいなと思った。
f:id:zmatome:20180124101916p:plain
全力1000☆
これもね。形悪すぎるけど、前に出るしかないっ!そーれそれみゃみゃっと!!どっちにしろきついんだから自力であがって粘ってやる!という意思がめっちゃ伝わる……ハート強くみえる。
鳴くと手が狭くってアンパイガー、守備力ガーみたいな弱音は吐かない。
自分ができないのもあって、この積極的な感じ俺は凄く好き。いうてこれは鳴く人もそれなりにいるか。

みゃみゃっと⑩
f:id:zmatome:20180124221104p:plain
平和ドラ3中盤ダマ、よくあるよくある
難しいのはここ
f:id:zmatome:20180124221211p:plain
親から北北のリーチが入ったことで、南家から58sが出ることはかなり薄いだろう→なら曲げてぶつけるか。という腹か。
自分は多分ダマ。理由は3つくらい
①親の北北+南家ソウズ下無しをふまえると限り無く12000~平気で18000あるように見える
②自分の手にアンパイがある。
③親の最終手だしが9s
とくに①、③はかなり要素強め。
トン発で12000打ち込んで、リカバリーに意識も向くが
ここで12000~を再度打ち込めばそれはいよいよ厳しいだろう。
次に待ちの片方である8sの所在がかなり悪そう。
779sからのリーチもありえなくはないが
7sは自分から二枚見えていて南家に8sはない
となると、8sは間違いなく関連である目印になっている。
最低でも対子。アンコで入っていてもなんら不思議ではない。となると感覚として、あくまで感覚としては実質一枚きれの間5sみたいなもんだと頭によぎる。
②に関しては例えば頭が99mじゃなくて11pみたいな感じなら、リーチもちょっと有りかなと思える。
順目が深いと言えど、頭を落として回れるかどうかは
その後の復帰率が結構違う。14679sとか引いてもギリギリ粘れる
けど頭が無筋11pだとそれだけでもバランスがかなり違う。
強無筋引いたらほぼ抜かざるをえないくらいだから。
無論、自分は見た目リャンメンで枚数は現状一枚しか見えてないのだから勝負する価値もあると思うが
守備力を最大限までカバーする。出て8000、つもって6000になろうとも親の北北はきっちりケアする。
皆さんはどうだろうか?

みゃみゃっと⑫
f:id:zmatome:20180124222853p:plain
たんやおちーといドラドラのシャンテンだがポンっ!と。本当に良く鳴くな…面子手もあるしまったり打点作るかぁ!ではなく
打点を落としても仕掛けも利かせた5800へとシフトさせる。
こーゆー腰の軽さがどっちに転ぶかは分からんけど、見てて純粋に面白いと思う。
f:id:zmatome:20180124223214p:plain
当然のようにみゃみゃっとした。
フットワークがとても軽く、見た目安かろうがとにかくプレッシャーを与えて細かく作りにいくのに凄く馴れてるようだ。
三麻のフーロは常に対々の可能性が残る分、2フーロで河に偏りが無い手順だと
そんなには無視できなかったりもする面もあるかな。
後は北。北2枚抜き以上、あるいはどらが3~7で北1枚以上ならポンして中張牌事1~2枚手だすだけで、それを受ける側の印象はだいぶきついはず。
相手にどう見えるか、自分がケアするのはどんな時なのか?を常に念頭に置く。

みゃみゃっと⑬
f:id:zmatome:20180126095935p:plain
毎度おなじみの形を気しないラス目のポン。
最初見てて、こーゆー鳴きばっかしてると手詰まらないのかな?って思ってたんだけど
厳しそうな牌をつかんだとき、一旦止める→回る→降りる。このサイクルの地盤がなかなかについてるようだ。
現に放銃率もベース13(128~132くらいのブレ幅のハズ)と、むしろ面前型よりも守備力があるかのような。面白いスタイルだよね。
f:id:zmatome:20180126100035p:plain
ラス目の中沈みでギリギリまで押したくなるが、ここで他家に放銃すれば?状況は尚々苛烈に。
こういうの引き所が難しいけれど自分が愚形で、強い手相手に、そう何枚も頑張れない。
満願あるとちょっとだけ頑張りたくなるけどね。
とはいってもこれは降り優勢か。
人間、熱くなってるときだとこういうのも行って逝く図が想像つく。

みゃみゃっと⑭
f:id:zmatome:20180126100809p:plain
自分両面で白をカンとし、更にプレッシャーを与えることで場の進みを緩くさせる面と自分の打点をあげる面を優先させたがどうか?
個人的にはしないものとするだろう。
ドラを自分で切っているのが10%
なんといっても相手の河が濃すぎるが60%
対リーチに全押しする際のカンドラリスク30%
こんなところだ。
相手がこのフーロをどう評価してるか?が大部分の肝となるわけだが
依然として他家が回ってるようにはあまり思えない。
特に下家の中、対面の危険牌→アンパイ
この材料だけでも相手が自分の評価が低いことが幾らか分かる。
逆にカンドラ丸乗りからの満願っていうラインもあるけれど、結局リスクとメリットの天秤の価値観ですかね。
ちなみにいつものこの軽いみゃみゃっとで、この局は放銃となったが、それは手詰まりではないと思う

1134688p東東白白西中 みたいな手だったら基本全鳴きじゃん?
全鳴きした結果3488pでリーチ受けて現物なしで6pつもぎって放銃→これ手詰まりじゃないよね。
悩ましい手格好で仕掛けて、見合わない押し引きを強いられてしまう手順が手詰まりなわけだ。

みゃみゃっと⑮
f:id:zmatome:20180126102335p:plain
たぷろうの独特?なチャンタ決め。
タプロウはここからでも余裕で仕掛けにいきそうだ。南がでたらどうするかを見たかったが
f:id:zmatome:20180126102603p:plain
面前で決めやがった……これ七対見ながらとかいって初手1pしてそうな私には絶対あがれてないやつ。
タプロウこれ南鳴くの?あとで教えてね。
f:id:zmatome:20180126113902p:plain
これ他家のなんだけど、北残すメリットあんまないかな?

総評
鳴きの守備型っていう類い希なスタイル
スピードと手数で勝負して牽制、プレッシャーをガンガンかけてく序盤のインファイター。
良いところは後手にびびらず積極的にあがりを目指す姿勢が、縫うようなあがりを幾度となく見せる。
相反した話だが、もう少しツモを見ながらじっくりと構えて良さそうかと思える局面もしばし。

手が短いから無理に行くのではなく、手が短いなかでも回せるものは回す力は目立っているのでこれは大きな武器。
あがりに結び付かないフーロの割合的に、もう少し余分(かどうかは分からないが)な鳴きを減らせると、よりスリムでメリハリがつくか。

屈指のスピードスターをあなたはどう捉える??