三麻の日記

お母さんの毎日

明けましておめでとうございます。

どうも、三只眼です。
ついに……ついに2018年が来てしまいましたね。
怖れていた2018です。とくに何かに怯えているわけではありませんが。

新年の麻雀は皆さんどうでしょう
私は徹底的に負け続けてモチベ0,三鳳が早く滅びてほしいとねがい続けています

さて、来る1月7日。三麻セットが開催されるはこびとなりました。
面子は以下の通り

①真エトペン
最近特上→鳳凰を制し、話題の戦績になったのは記憶に新しい。
彼は元々、天鳳で知り合ったわけではなく自称麻雀アプリ通称出会い系アプリ「天極牌」の時に知り合った人だ。(今から1,5年前くらいかな?)
もともとこの人もMJ民(千葉No1……)で、天極牌では多分だのグループメンバーの一員だった。
そこでこんなやりとりがあった。
真エト「はじめまして~千葉でメンバーやってるんですよ~」
税「へえww○○でしょw俺たまにいくよw(冗談混じりでたまに行く雀荘名を適当にいっただけ)」
真エト「ええ!?なんで知ってんですかww」
税「ええ!?w」
真エト「怖すぎますw」
で翌日仕事帰りに、冗談で合わせて言ってくれたんかと半信半疑になりながらその店に行ったら完全にそれっぽい人がいてw
何も言わずに同卓。ささっと帰宅し
税「あの跳満きれいでしたね~」
真エト「え!?もしかしてあの対面にいた人ですかw」
税「パックギャモンw」
で、仲良くなってセット、飯、色々するようになった。
このグループにはもう一人「うるおちゃ」という良い打ち手もいるので、麻雀の話は三人で話すと一番理解しあえた。
税はほどなくしてこのグループを抜けたが、未だに真エト、真エトの彼女、うるおちゃ、は絡みがある。
ちなみにこの彼女、炊事、洗濯、掃除、気遣い、礼儀、全てにおいてほぼ完璧というスーパー女子。
真エトの家に行くと大体この彼女が飯を用意してくれている。
真エトの私生活を全面的にバックアップし、そして麻雀もできる。あれ?おまえずるすぎだろw

②しめじん
このブログにちょくちょく出てくる。
どうしても勝てない打ち手。
ちなみに
新世界の紙、しめじん、大店主アキュニャオ、りある☺は俺の人生をめちゃくちゃにした四天王。
観戦しても観戦しても後手、特に自分が仕掛けている状態でのリーチ対応が悪魔的に上手い。19,筋28はしばし通す事も多いが、純粋なリャンメン~に打ち込むことはかなり少ないハズ。
とにかく打たない。粘り強くテンパイまで漕ぎ着ける力がとてつもない。
自分と比べて「もっともっと繊細」で
打てばその瞬間に全てが終わる、その事をかなり理解されている。
自分はテンパイ→だいたい押すっていう簡略思考だけど
その中身が多分、かなりのレベル内容で違う。
知り合ったのは丁度一年前。
俺がもともと仲良かったフォロワーの「久美」の知り合いだった。
当時は特に気にも止めなかったが、彼を知れば知るにつれて、自分の浅はか加減が顕になっていく感覚があったことを今でも覚えているし
今でも感じている。
自信が全く無い、そんな訳ではないけれど
少なくとも俺が勝てる相手ではない。

zkurtさんは尊敬

しめじんはライバル
と心に思いを寄せていたが
しめじんをライバルとするには、荷が重く、役不足であると、最近より一層思うようになった。

p,s
去年末に予定していた「誰もが認める強者」がとどこおってしまっているので、1/15までにアゲル予定です。その後も二人、ストックを貰ったので続けていく予定です。
さよなら