三麻の日記

お母さんの毎日

今日の観戦④

こんばんわ、税です。

麻雀の強さを細かく分ければキリがないのだけど
持っている引き出しとそれの活用がどれだけできるか、これが最もたる事なのは言うまでもない。
今日はそんな一面を目の当たりにした。

f:id:zmatome:20171209212338p:plain
5pを切るのは簡単だ、リターンも大きいが代償が大きい。
ドラの5→字の切り順では、相手に与える情報が大きい。
今回は5pを切っても早い段階でケアされることはないが、手牌の内容が幾らか明るみになることは確かだと言える。
f:id:zmatome:20171209212425p:plain
いざターツが確定し危険牌になりかねない5pを切りたくもなるだろう。
ここで切るのも簡単だ。使わないのは分かっているのだから。
f:id:zmatome:20171209212452p:plain
3sをポンして打5p。
この5pの場所が本当に良いと思う。
前の記事「しゅらるに学ぶ」にも同じような局面があって
端から見たら無粋に浮いたドラを残しているように見えるけれど、これは技術だと私は思う。
河の作り方にくっきりと打ち手の意図が出ているのだから
それがどういう意味を持つものなのか、はっきりと分かる。
今回の5pの切りどころも、後すこし他家の捨て牌が濃ければ放すこともいよいよ選択しなければならなくて
そうゆう場況も含めての判断もまた技術でありセンスである。
こうゆう切り順を見ると、この人がいかに普段考え抜いて打っているのかが分かる。

f:id:zmatome:20171209213710p:plain
親の6pが19字ならまだ持つのだろうという気はするが
ツモ6s限定でしか活かせないので放し処はここにで良しとみる。つまりは他家の濃度に合わせる。

f:id:zmatome:20171209213922p:plain
1mが二枚切れということを加味したような1手だ。
打1mの場合、縦に対応したツモをもらったとき(ここでいうツモ3p67s)
バッタで打てる優位性はあるが,3p67sが絡むバッタ反対にかなり弱く、本線は258ラインをひいてのリーチ。
私は3p67s絡みのバッタ曲げは「確実にしない」ということを自分でわかっているので
ツモ24pで最高なシャンテンを迎えられる打3pとしているのだろうか、などと思った。
ただでさえ中順以降の愚形リーチが嫌いで牌種も強い部類ではないのも大きな理由だ。
実践ではこのあと6sを引き少し考えてリーチとしたが、一発もつもることなく他家の横で流れた。

f:id:zmatome:20171209214602p:plain
f:id:zmatome:20171209214652p:plain
たまたま、「この手、すぐに中がでたらドウスル」と思ったら本当にでてきた。
f:id:zmatome:20171209215901p:plain
けど、別に全力であがる局面でもなくて
ちゃんと守備面も考慮し前順の9mをスルーし
バランスの良い手組とした。
良×良なので仕掛けるのもいいと思ったが、仕掛けないのもまた良いと思う。
それぞれの手組の基準は違うのだから、結果的に自分のやり易い方にすれば良い。
ちなみにここでツモ切りとしたが、私は中を残して7pを打っているかなと思った。。

あと1枚あげたいけど長すぎるのもあれなのでこの辺りで。

しかし。この人のレベルになるまであとどれだけ頑張れば良いのかね。