三麻の日記

お母さんの毎日

00saiに学ぶ

どうも、税です。
突然ですが歌を歌います
「どぅるるーるるどぅーるるーるる!!どぅるるるーるるるーっ!!だーきしめたぁ!!こーころのこすっもっ!!!熱く……燃やせ……奇跡ぃを……おこせぇ!!!」
これは聖闘士星矢の「ペガサス幻想」という曲です。
特に意味は無いので本題に入らせていただきます。めしあがれ。

f:id:zmatome:20171118211033p:plain
00sai 最高九段R2356
三鳳2200戦 安定段位 7.715
直近1000戦 安定段位8.218
着順比率2>1>3 やや守備型……?
f:id:zmatome:20171118220125j:plain
ちなみにこれは以前のTwitterアイコン

もともと、四鳳南からの移籍組(四麻の合間にやる程度)で
四鳳南でも九段まで到達した北の国の 強豪。
普段の言動は「南無三っ!!」「ケンヂ」「1+1は味噌スープww」「はぜろリアル……はじけろシナプスっっ!」などと呟いている
スナフキンというトトロのお兄さん?のアイコンで常に周りの人を困らせている。
ここで司会を入れていきます
税「こんにちは,オオサイさん、宜しくお願いします」
サイ「ゼロゼロサイ、ですよ。」
税「ワロタw趣味はなんですか?」
サイ「おまえに教える必要はない」
税「ぎぃぃぃ!!このいけずぅ!いけずぅ!」
サイ「パンケーキww」
税「パックギャモンww」
サイ「ザーサイオオサイゼロゼロサイ!!」
税「お薬出しておきますね」
やっぱり辞めます
直近の段位変動は898989と見事な強者っぷりを見せる。
以前観戦していたときは、やや守備型という印象があったがどうだろうか??
※自分との考えの違いを書く許しを得ております。


さて前置きはこの辺りにして
実践の世界に……落ちろよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオオォッッッッッッ!!




f:id:zmatome:20171120103906p:plain
これは個人的に良いなと思った
まず5pの縦が無く、シャンテン縦相方の6sも一枚切れと
超高確率で55pではなく45pでつかいきることが想定されている。
5→7pと切ってリーチであれば
36pよりも69pをケアされることが多く
5→7で36が当たるパターンとしては
複合ターツ(4556778)
二度受ターツの残り側(455778,455788,455799)等がある
複合ターツの場合、9pが通ればこの形は否定されるので
もし9pが通れば、36pの刺さるパターンは二度受けターツの割合が大半を占めることとなる。
安全というわけではないが
他の無筋を切るよりかは比較的安全ではある。
今回はドラが3pだけに36pの3は出にくい部類になるが
ドラ絡みでなければ、36pのアガリ率は僅かながらに増すのかなと思う
これが功を奏したかは定かではないが
f:id:zmatome:20171120110116p:plain
結果的にはこのアガリとなった。
もしも75pが逆ならば、36pはもう少し切りづらくも見える。


f:id:zmatome:20171120122448p:plain
上の5p二枚見えの判断とやや似てる。
チートイもあり、とりあえずの2sも候補になるが
最序盤で数牌めいっぱいの牌姿なら
面子手をメインとするのも良いだろう。
そうすると場2の9mは近い将来、最も出ていく牌。
形を決めずに柔らかくして、数牌の変化で横への伸びを期待する一手は面白いなと思う。
f:id:zmatome:20171120123126p:plain
順が進み、牌理通りに打っていたら
対子をほぐしていったのにまさかのヘッドレスになる……
ターツ選択が入ってのリーチなので、良形率はやや高く
7pの所在と現張という事で黙にした模様。
押し型は結構ここで追っかけとしてそうだ。
f:id:zmatome:20171120123605p:plain
無筋を掴み押すことを選択したがどうか?
順目も深く、残り筋的にもそこそこ厳しいライン。
36p、36s58s辺りが残っている
対面も押してることと
ここで無筋を押すことで、58pの良さを曇らせてしまう。
順が深い事を汲んでも、押し返すメリットが少なくなりつつあるので
「あがってかわす、少し押してでも」から
「テンパイ流局、放銃回避、」にシフトするのも悪くないだろう


f:id:zmatome:20171120132253p:plain]
これまた、中の二枚切れを考慮しての判断。
生きているのならポンテンも視野とした打79pで崩していくことが多くなろうが
二枚切れているのなら最終形重視ではなく、ブロック数を多くもち
一次のロスを極限まで減らす打1sはベターに見える。
こういう一次の8pをキャッチできるのは結構大事。

切れている枚数を考慮しての効率判断は非常に鋭い判断が所々で見ることができた





f:id:zmatome:20171120125105p:plain
発の場所次第で
高速のあがりか茨の道かの仕掛け。
仮に発から仕掛けてもあがりはやや遠そう。
スルーして七対見るか~なんて人も結構いそうで、私もおそらくその1人だ。
ただ、繰り返し見て改めて思ったのは
どっちにしろ弱い手なので
「役字ドラを活かす」という目論見も良いんじゃないかなということ。
このポンだけで中を持っている他家は
ある程度手が整わなければ簡単には打ちにくく
或いはドラアンコからの仕掛けかもしれない?
というブラフを抱かせることができる。
見えてるだけでは子供の1フーロ0役だが
手が悪ければ、そのまま勝手に退き気味に打ってくれるという作用が無くは無いだろう。
自分の手に1枚もないからこそ
相手の手中での保有率も反比例して高くなるので
中盤になっても打牌が強い他家に関してはマークする必要はあるだろう
f:id:zmatome:20171120130317p:plain
58sが当たるかもと読んでのカンなのか。
片あがり役バック残1枚だと、純粋にホーラ率が低いので私はツモ切りしてしまいそうだ。
f:id:zmatome:20171120130542p:plain
順が進んでほどなくしてあがれない方を引いた直後に発が放たれる……これをポンして単騎に取った直後にリーチを受け最悪な展開となるが
単騎選択を制し、あの弱い手からまさかの対対成就、二件の手をカットする。
これは痺れるな……


f:id:zmatome:20171120130928p:plain
カンといえば見ていて面白いと思ったのがこれ。
普通っていったら変だけど
打点がほぼ変わらない加えカンは悪というイメージがある。
最初は「これ、カンまじ??」みたいに思ったのだが、今回の加えカンって
①ヤル気満々の対面に事故らせる
②自分の守備力がある
こういう要素からの選択なのかな、と。
ポイントは自分に999mがあることで、これが順子であれば恐らくしないだろう。
ドラ追加で
手も短く打点もあり、だいたい押してきそうな対面の失点効率を重視して
やばくなったら自分は9mで降りれる。
対面が跳満あがってもオーラス満ツモ条件あたりの点数状況であるので
そういう意図があってのカンだとしたら
見た目以上に洗練されたカンだなって思ったり。
大前提として親がつもったときに
少々高くつくリスクもある。


f:id:zmatome:20171120133040p:plain
なんともやる気の入らない手だが
たった四順であっという間に鉄火場に……
f:id:zmatome:20171120133135p:plain
特に退く手でもなく、リーチに刺さる分にはむしろ別にOKな感覚で
親の満貫炸裂は結構だるくなる。
子供二人で押して結果はどうであれ親の手を殺す事にも重きがおかれる分
当面はゼンツとなるが、注意しないといけないのは自分が行きすぎて親の手に刺さること。
この時点でテンパイが入っていてもおかしくないが
次に出てくる強い手だし周り、無筋はマークしておかないといけない。
幸い子供が突っ込んでも満貫までなら次局あがり競争。
親に12放銃は激マズぱたーん。


f:id:zmatome:20171120133710p:plain
現張り満貫だが
厳しい牌を引かされての空キリーチ。
「親や、強い仕掛けに対しても強い牌が出る」というときは
あがれる根拠、あがるメリット
どちかが濃く絡んでることがほとんどだ。
現張りの警戒レベルは、無筋を打てば打つほど上がっていき
あがるための黙がその瞬間、打点を下げるだけの黙に変わってしまうことはよくあるパターンだ。
今回は下家が4sを切って少し頑張っている分
現張りかどうかはあまり関係なくなってしまう。
が、それは想像や傾向の話であって
打4pでも黙にして、下家が一件に対してなら頑張るが
二件になったら辞め→故にあがり逃しという事だってある。
あくまでも和率にこだわるとするなら、黙の方が少しだけ有利な気もしなくはない。


f:id:zmatome:20171120134515p:plain
現物が何枚もあるが、完全撤退の合わせ打とし
よもやの二件に対応する方針なのか
二件になるかどうかの目測は難しいものではあるが
そもそも親に追っ掛けてでもリーチを被せる時ってどんなときだろう??
打点がある、待ちが広い
大方こんなところだろう。
単純だけどここがポイントで、
待ちの広さは読めなくても、打点の有無は想像が及ぶことがある。
純粋にドラ、赤、北の所在がどれだけ分かる場所にあるか?という事。
(一般役だけで整っていることもあるが)
例えば今回も、子が北0で親が北1でもあれば
対面の打点面による押し返しはほぼ皆無になると予想がつく。
今回は対面が北北なので「押し返しに備える」という準備は自然に見える
ちなみに私なら、一旦は19mで濁してもう少しあがりを追ってみるかなとは思った。
19mを失っても西で2順稼げる猶予もあり(西で刺さったら本当にごめんなさい)
ぴんず2枚くっつけば中筋の赤5s位は通すつもりで
あがり自体をもう少しだけみても良いかなと。
もし赤5pが出ていく形になってしまうなら
ストレートには押さないという方針。
もし仮に二件目がきても
西で2順凌いだ後に他家が無条件でツモ切りすることをかんがえると
比較的アンパイはできやすく
二件なら二件ともに降りる選択肢がない分、決着もつきやすく
二件が入って西で凌いでなおも手詰まりで自分が放銃というパターンはかなり少なくとも思う。


f:id:zmatome:20171120140121p:plain
ちょっとした余談?ぽくなってしまうが
リーチ後の他家の一発目は絶対に覚えておく。
こういう仕掛けが絡んで河がずれると
あれ?9pとおってるんだっけ?9p通ってないんだっけ……?みたいな現象がおきる(これを専門用語でハイドロクリープ現象という)
今回は西があるぶん困った困ったヤバイ!というわけではなかったが
これが認知ミスで放銃となってしまえばそれは実力意外のなにものでもない。
片手にTwitterなどやりながら打ってるとそういうことが起きる。
(ちなみに00saiさんはちゃんと認知していて、9pは現物です)


f:id:zmatome:20171120140649p:plain
好みの問題もあると思うがどうする??

私はこういう仮テンは取らない事が多い。
1pをきると生きるツモ
1234679s一種があがり10,20、52テンパイが六種
3sをきると生きるツモ
1236p4679s 52テンパイが四種、7700~が四種

唯一のあがりである4sのダイレクトつもあがりの10,20もラス目の立場であれば言うほど嬉しい感じはせず
これをリーチせずにとるのなら次のましな手牌変化は
嬉しい要りめも2s9s、時点で67s、
打3sとしておくと、嬉しいツモが479s、136pと
そうずが埋まればpの形が1pのあがりやすさや打点を含めてもバランスが良く
36pが入ってもリャンメン満貫と申し分ない。
瞬間のつもあがりを犠牲に、最終形と打点が安定する選択。
良形大好き病なので、一手遅れてしまうこともあるが私としての好みはそのようになる
1s引きのひっかけ52も引っかけがというより
12、89自体が悪くないので即リーと踏めそうか


f:id:zmatome:20171120142305p:plain
こういうのシンプルなのに難しい
リーチとするのか否か
ドラのペンチャンとかあがれる気がしなさすぎてもう……ね
深いこと考えずリーチも全然ありなきがするが
12s2344pのはずしたときの浮きが現状は弱いけれど
そうず上1枚引くだけで一気に広くなるし……難しい
f:id:zmatome:20171120142348p:plain
こんなのも取るべきなのかどうか
あがり牌だけでいえば2枚で対面1枚仮定だと尚更あがれなさそうな……
f:id:zmatome:20171120142423p:plain
やっとましなテンパイに。といっても1p頼みという感じだが、見てくれ枚数だけで
場に高いそうずに受けるのもありっちゃありなんですかね?
変にこねくりまわすと裏目るし
かといって思考停止のリーチは変化に乏しく
難しい。
一枚目、ラス目が倍直条件とかだとドラも更に高くなるけれど
役満クラスを狙うことを加味するなら
結構リーチでよかったりもするのかな?


f:id:zmatome:20171120143448p:plain
これもさっきの1222345p3567899sと少し似てるけど
先の打点良形と、リアルなシャンテンどっち取るかみたいな。
こういうのも開局順目が浅いので3pとか切って広く受けてしまうんですが、はっきりとシャンテンが落ちるので
完全に一手遅れの手順となる。
中順だとシャンテン取りで速度も重視していくのだけど。
形を追いすぎて肝心な先手が取れなくなることが自身結構あるので
こういうシビアな5p切りをできるようになりたい。


f:id:zmatome:20171120144232p:plain
オーラス、静かに終わればトップで終わる局面で
キー牌である南に声がかかる
自分の手格好と相手(南家)の手格好での相性が完全に悪く
現物が切れた後、ピンズの構成比の高い対面に対して自分の手もピンズで溢れている

f:id:zmatome:20171120144318p:plain
ピンズが濃そうとはいってもこんな3sでさえ45赤のまたぎに刺さりかねない。
さしたる現物もなく対応を余儀なくされる
このあと続く現物がないことを踏まえ、ピンズを切らないつもりなら
1mと3s、3sは先処理の意図だろう

f:id:zmatome:20171120144340p:plain
最終手だし5pの筋の2pさえも当たりかねないが
他にましな牌が無いので仕方ない。(通ります)

結果論でかたるつもりは一切ないのですが
一枚目の写真から南を鳴かれたときを想定とした
相手と自分の手の相性を加味しなければならなかった。
倍ツモでもセーフなので
対面に対してだけマークをすれば良い局面。
それでもあえて南切りとするのなら
もう少し自分の手に守備力や圧倒的速度があることを確認しておく必要はあっただろう。
事実3sや2pが刺さりかねないリスクを背負うこととなってしまった。


f:id:zmatome:20171120150204p:plain

後手を引いて生牌2枚は割に合わずに半歩引く
f:id:zmatome:20171120150355p:plain
さらに無筋ドラを引いてアウト、抜く
f:id:zmatome:20171120150515p:plain
ところがどっこい……白と8sだけ頑張ってあがりきる
7pも首尾良く通り、きれいに回して微押しであがる。器用。
雑に抜きまくっていると、こういう粘りの和は生まれないので
ぎりぎりまで形を崩さないことがどれだけ重要かが良く分かる。


f:id:zmatome:20171120151856p:plain
ラス目の親番で、ここであがるかあがれないか=ラスに直結する局面
仕掛けやリーチは基本無視で行くしかない。
ドラの8pの縦や7pのこぼしが痛く、ここは打4pで良かったりもする。
このあと3pが入るが、直前に手だし5pとした下家をケアした打9sと消極的になるが
放銃も流れも同じ意味を持つので
点数状況によっては、手だしがなんだろうが残り筋が2本だろうが
どんなに危険でも行かなければいけない事が多々ある。


f:id:zmatome:20171120152339p:plain
誰もが79pを切りそうになるが
であがりが効きづらくなる+1役を捨てて
ドラ3sよりかはあがりやすそうな8pを残し
見事にピースをはめあがりきる。
これが北北なら打点上昇を加味して79pを切っているだろう。


f:id:zmatome:20171120153015p:plain
スルーか?
本局ではスルーとしたが
個人的にはポンとしてみる。
ドラの白も見えておらず、打ちだす9sがかなり危険というわけでもない。
山に9mも発もいるだろうが、二件の捨て牌がそれなりに濃く
いつリーチときてもおかしくない
そうなってしまうと計四枚の有効牌で闘うにはちょいと部が悪い。
最序盤ならワンスルーもありそうだが
河の煮詰まりも加味して仕掛けて速度で対応するのもありかと。
発がからめば8000あるので打点も申し分ない


f:id:zmatome:20171120153430p:plain
ほぼ満貫の親に対して6sも強いがドラ周りの8pも強く
これを切っては現張りの効果はグッと下がる。
ならばと踏み込み39→77の打点を考慮して勇むが、この半荘はことごとく捲り合いに負けてしまう。
北北親リーにはあまり無防備にはなりたくないけど、
まんがんリャンメンだと流石に下がる選択肢はかなり選びにくい。

総評
牌効率というよりはシャンテン数に素直で
形よりも如何に先手を取り、目の前の形は逃さないという印象
とはいっても、先制愚形変化微有程度の456カンチャンはあまり曲げずに
打点か、形かどちらかを伴っているリーチが多く
安い棒テンリーチはほとんどない。
局参加も、動きが無い場況では自分の手をストレートに伸ばし
必要以上にアンパイを保ちながらの進行等はあまりないようだ。
仕掛けも遠くからではなく、ターツが整っていれば
バックでも1000点でも
局消化に積極的に向かっていく。
リーチ判断もかなり的確で
自分の手出しがもう一件に対してどう映るか?などの要素もかなり加味されている。
見ていて意図がわかるというのは、そういうことなのかなと。
基準の一番難しいと思われる
リーチ判断にもかなり気を使っている。
だからもっと私のツイートにもいいねじゃなくてリプをしてくださいねf:id:zmatome:20171120155259p:plain
いいね1 00sai 笑っちまったよ……
以上を持ちまして平成29年11/20
第46回「ロンパールーム」を終わりにしたいと思います。閉廷