三麻の日記

お母さんの毎日

余談①

こんにちは、NUCOです。
雨が降ったり嵐がきたり日がさしたり
忙しい天候ですね。
今日は今更ながらに自己紹介をしたいと思います。
①名前
リアル→税さん、天鳳→税さん、その他アプリ等→税さん
いつか雀荘で「お宅…名前は?」
税「税…と呼ばれておりますフフフ」って言いたいんだけどそもそも「オタク…みたいなやつだな」としか言われたことがないから厳しいだろう。
②好きな食べ物
教えるつもりはない
③休日の過ごし方
教えるつもりはない
④趣味
教えるつもりはない

ざっとこんなかんじでしょうかね。
天鳳を始めたのはいつだったかな…三年くらい前だった気がする。
七段までささっと行ったものの2、3日でチャオって2日くらいでまた七段になってそこから通報されてアカバンされたw(正確には、曖昧な部分なのでつ○ださんから消すかどうか迷ってますと言われたので消してくれと言った)
通報案件の理由は、当時の私は1つのIDで
四麻三麻それぞれ別人が打ってるという事を公言してしまったのだ。
そこから一度天鳳を離れたが、何気なしに観戦してしまったz○○r○さんに憧れを覚え
再挑戦することとなる。
しかしこれもまた悲しい話で、私が1ヶ月後に鳳凰に到達したころに
彼はなんと四鳳に戻ってしまったのである…それからは続ける理由がなくなり再び天鳳を離れることになる

月日は進み、ふと漫画「3×3」を見たときに「三只眼」というIDを何故か作ろうと思った。
f:id:zmatome:20171102132703p:plain
そこから 鳳凰まで意外にも苦労したのを覚えている。
特上で1.90くらいをチミチミやっていた。
なんとなく七段になってなんとなく八段になって
七段に落とされてなんとなく八段に戻って
そこからまた少し負けて
ついには、鳳凰に課金するモチベーションすら消えていき特上でゴミゼンツを繰り返し
はいはいラスラスといわんばかりの回線切りさえもするほどに惰性で打っていた。
結局750/3200くらいの状態でまた天鳳を離れた気がする。
目標にするものも特に無く、自分に欠けてるものも今一分からず
天鳳というより麻雀自体に熱が冷めていった。
けれど人間はやっぱり人間で
楽しい事が続けば楽しいと思うし
嫌な事が続けばつまらないと思うだろう。
私もそんな単純な人間の一人であったのだ。
また何気なしに再開してみた月に
44-30-22みたいな戦績を叩きだし、今年の1月に初の九段となった。
ベテラン組から見れば「たかだか九段」なのかもしれないが
「九」という字にこれだけ感動したことはなかった。そこからモチベーションも一気にあがり
もとから持っていた良き麻雀友達のおかげもあり
楽しくてしかたがなかった。
しかしその先に待ち受けていたものは…NEXT