三麻の日記

お母さんの毎日

しめじん

彼が消えてからというものの

心の中にポッカリと穴が空いたような気分だ。