三麻の日記

お母さんの毎日

びぎなーずに学ぶ

こんにちは、税です。
早速ですが表題の通り。

※本人無許可でごめんなさい。

びぎなーず(敬称略)基本データ
f:id:zmatome:20171004125705j:plain
現九段 最高段位九段 最高R2400
三鳳6000戦 安定8
着順1>3>2 激押し型
三鳳5000戦トップ率2位
f:id:zmatome:20171004130850j:plain
今回びぎなーずをピックアップしたのは
天鳳界では割り合、守備型やバランス型のウェイトが多い中
この人のずば抜けた攻撃力を見て、知ってほしいからだ。
私個人接点は無いが、観戦をすると「いやもうあんた点数要らないでしょ」って所からでも果敢に押す局を何度も見た。
ざっとハイフを拝見させていただいた所
2,3枚程度見ただけでもパワフルな押しが幾度となく見れた。
私自身も割とトップガターなのだが
違うベクトルのトップガターなので
こういう素直な押しの部分での麻雀を知りたい、という思いから取り上げてみようと思った。
では実践の世界へ…落ちろよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッッッ!!
f:id:zmatome:20171004131030j:plain

開局子供愚形中順
親が北北で今にも押し返してきそうだが
リーチ理由の50%は「6pの所在につき」「親が再度掴めば出る」という点からリーチをしたという意図を感じる。
こういう微妙な手であがりを逃すと誰か手が成就してしまうし
こういう微妙な手でカウンターを喰らう事もあまり感触は良くない。
麻雀における永遠の課題ともいえよう「愚形ドラ1」
打ち方がいくらか押し寄りな人は、その基準がある程度確立されているのだろう。
f:id:zmatome:20171004120723j:plain
こんな風に後手に回っても
f:id:zmatome:20171004120807j:plain
ひよらず、抜かず、フリテンも辞さないストレートな押しでリンシャンつきの親倍を決めきる。
f:id:zmatome:20171004120942j:plain
「点数があるから」「役もあるから」変な牌を引いたときに余地を残せるようにダマに取る人もそれなりにいる。
しかしこの局面でも当たり前のように決定打を作りに行く。
結果としては流局だったが下家は冷や冷やしただろう。
f:id:zmatome:20171004121247j:plain
f:id:zmatome:20171004121307j:plain
f:id:zmatome:20171004121641j:plain
先制テンパイなら役ありだろうが愚形だろうが
明らかに強い色仕掛けやドラカンなど特別な状況でもなければ
どんなに点数を持っていてもガンガン攻めてくる。
f:id:zmatome:20171004121658j:plain
びぎなーずらしいリザルト画面。
f:id:zmatome:20171004121734j:plain
ラス前、リーチはできるだけせずに最小のリスクで消化をしたい所。
チートイの線もあるが、ここからでも孤立浮きを残して
f:id:zmatome:20171004121908j:plain
見事なマンガンに変化させる。
大胆な押しとは裏腹に
ぱっとみ捌きの難しい手も、大きく広く見て柔軟な形に持っていける器用さも兼ね備えている。
f:id:zmatome:20171004122150j:plain
こんな選択でも、2600,3900,8000の枚数有利で微点追加をするくらいなら
f:id:zmatome:20171004122320j:plain
他家がほとんど使えなさそうな確定の12000に受ける図々しさもさながら。
上家の鬼手を平気でカットする
f:id:zmatome:20171004122534j:plain
びぎなーずの麻雀に「良形高打点ダマ」という概念は恐らくほぼ無いのだろう
ある程度場況に偏りがあってもリャンメンなら
出あがりは二の次で、リーチしてツモでも良しのスタンスが多く見受けられる。
f:id:zmatome:20171004122816j:plain
先程の孤立5s残しと同じ意図の打3pだろう。
「先制」を取るだけなら打5sなのは明白だが
打点、形の変化を込みで見るならば3p。
今回はドラが5sということもポイントで
これがドラじゃなければ恐らくMAXに受けている事だろう。
f:id:zmatome:20171004123122j:plain
北北が見えている故に
ここから1枚押す事すら躊躇ってしまいそうだ
が、しかしビシッと1枚、ビシッと2枚と押していき
f:id:zmatome:20171004123242j:plain
このツモあがりだ。(山に残り2)
序盤のリーチは終盤のリーチに比べて残り筋が比較的多くのこっており、1枚あたりの危険度にあまり差がない。
南場に比べれば、失点が直接順位に影響はしにくい事もあり
微押しで相手の強い手をさらっとかわしにいった。
f:id:zmatome:20171004123712j:plain
先制に対して簡単に抜かない。本当にこれが多いい。対面はリャンメン待ちだが、それをスルリとかわしながら残り少ない牌であがりきる
これは間違いなくびぎなーず特有の強さの個性の1つだ
f:id:zmatome:20171004123947j:plain
慎重になりたくなるようなこんなチャンス手も迷うことなくリーチしてツモあがる。
こうなってしまえばいつものびぎなーずゾーン。
f:id:zmatome:20171004124042j:plain
東1と同様「リーチを被ってもひよらず押す」
しかも今回は点数があるのに、だ。
びきなーずにとっては点数があればあるほど押しやすいだけに過ぎない。
リードを広げるための1つの材料。
点棒を守備に回すのが意識されるのは南場からといったパターンがかなり多く見られる。
f:id:zmatome:20171004124417j:plain
極めつけの殺人的ラスト。ここまでくると逆に笑えてくる
f:id:zmatome:20171004124556j:plain
いつものやつ。
f:id:zmatome:20171004124633j:plain
こんな二極化されてしまったラス争いになりかねない場況で牌効率激悪のリャンター払い
f:id:zmatome:20171004124752j:plain
そして最悪な場所からリーチが入るもこれを見事にほんいつに仕上げる(67s残してたらあがれてないかも…)
そしてなにより恐ろしいのがこれ
f:id:zmatome:20171004124916j:plain
見ていて「あそこから捲るのかよ」という感情しかなかった。
今更ながら打点意識がめちゃくちゃ高い
f:id:zmatome:20171004125038j:plain
例によって先制をくらっても抜かずに1枚2枚はささっと通しきり
f:id:zmatome:20171004125132j:plain
形を作って曲げられる形に。
あの状況から1000/2000をつもれるのは大きい。
f:id:zmatome:20171004125234j:plain
こんな味気ない手もびきなーずにかかれば
f:id:zmatome:20171004125311j:plain
あれよあれよと真ん中に寄せていき、つばぜりあいを制し堂々のウラウラ6オール引き。

感想
攻撃力はやはり異常なまでに高かった。
今回、敢えて放銃シーンを1枚も取り上げなかったが攻撃をするということはそういうリスクもある。
例えば一枚目のペンチーピンリーチも
山に深ければ親の手に一発でダイブしていることだってある。
そういうリスクも承知でリーチを選択しているはずだ。
全体的にやはり押し返しが多い
無謀な押し返しではなく
後1枚、後2枚とおせばを実行できるタイプ。
そこに対して「打点」も1つの材料になるが
打点がなくても
相手に一人旅はさせないようにしている。
打点込みでの押し引きにメリハリがある、という感じはあまりなく
形重視での押し引きを強く意識してるように見える。
つまり、つばぜりあいの制し方が優れているということ。
パワフルな押しを修得するのならば、是非オススメの一人だ。