天鳳位 音無彩矢

天鳳位に迫る!!
その男の名は…。音無彩矢

実際に採譜してみたので見ていきましょう。
f:id:zmatome:20170917220450p:plain
ラス前、打点がいらないこの状況下で
ダマに取る人もいるだろう
本局で大事なのは「親の視点」
北北と抜いてリーチすることで
見えてる52には安易には来れないという部分が大きく影響する展開。
でてよしツモって良し、速度的にも他家は時間かかりそうな河なので
強い押し返しの事はあまり深く考えなくて良い。
こういう視点を軸としたリーチは
打てるようで打てない人もいるだろう(但しリーチ、ダマどっちが良いかは別問題)

f:id:zmatome:20170917220514p:plain
こんな感じで「どっちでもよさそうな浮いた役牌の切り順」は頻発に遭遇する。
私はこういうとき「鳴いてほしいハイを後に引っ張る」
この場合だと、「南家に南をポンされること」は局消化において非常に好展開なので
中→南、ときる。もし南西発中とあれば西→発中→南の順。
この理論通りで、ダブトンはだいたい1順目に切ることが私は多い。
f:id:zmatome:20170917220540p:plain
嫌な牌残りからの対親リー
複数持ちの69p筋は打ちにくいが
他の数牌を切るのなら、その後に凌ぐ牌が続かないので事実的に2筋押す事になりかねない(その間にアンパイがでる可能性はあるが)
なら1枚通せば中筋の6pに続けられるので
実質一筋押しが四枚の凌ぎに繋ぐことができる。


f:id:zmatome:20170917220604p:plain
こういう思いきった親リーも打ってくる
あがる、というよりかは押さえるためのリーチ
河的に下家が今にも爆発しそうだが、追っかけを食らったから必ず掴むっていうわでもない。
この局面では下が競ってる分、親リーには極力打ち込みたくない。
ちなみに私はそうは思っていてもこういうリーチは打てない。
ああはいったものの、押し返されて掴むビジョンが何故かすごく浮かぶんですよね。
f:id:zmatome:20170917220635p:plain
打てばだいたい3900~は入ってそうな対面に対して役バック29でこれをプッシュ。
ここで退くくらいならそもそもバックには受けないという意味を強く感じるが
私はこういうのさえ結構戸惑う。むしろどこまで押したらいいのかわからなくなりそうなので2900程度ならそこそこ受けに回ってしまう。
押しの執念が顕著にでている
f:id:zmatome:20170917220722p:plain
かと思えばこういう絶好そうなリーチはしないときた。
たしかに4sツモ切りリーチだと17s関連かな?
一順ずらして3sツモ切りリーチだと一順前の筋が少し意味あるのかな?
ならばさらに一順待ったこの順目でリーチか!?と思うもダマ。
他家の河が極端に強いわけでもなく場況も煮詰まってるようには見えない分
ここまでの押しの裏腹にこの思考がイマイチジャストしないようにもみえる。
むしろ4sきりの時点で深く考えずにリーチしてそうまである。
f:id:zmatome:20170917220756p:plain
見えてる18000にビシッと曲げ。
ラスめの18000が見えていると、9m切り役ありダマを選択する人がかなり多いのではないだろうか?
そして1枚何か変なのを持ってきたら回ってしまうなんてこともよくあるだろう
おまけでツモリ三暗と他家の使い憎さを視野に包んだリーチなのだろうが、なかなか思いきったこういうリーチは打てない人の方が大多数か…?
f:id:zmatome:20170917220822p:plain
押し返しが非常に厳しく、もう退きを主としたような場況
手出し7sの跨ぎを押すということは、入れば6pも押すのだろう。
この局面で2~3枚通してまで自分の手に価値があるかと問われれば
これもまた押さない、押せない人の方が多いであろう。
上家に5200~打ち込みはかなり厳しくなる。


f:id:zmatome:20170917220916p:plain
リャンメンドラターツを見切って一気に染めを見る。
こういう手も、どらターツじゃなければ染めも見るが
ドラリャンメンターツを落とすことで
速度、河の強さ、手牌の進行方向の事実的な開示と、あらゆる情報とロスを背負うことにもなるので
私は1sを切っているかなと思った。
まげて52つもってマンガンくらいの軽めのあがりで十分と見る。
f:id:zmatome:20170917221024p:plain
これも五枚使いの47s待ちで役ありからリーチ。
対面の手をほぼ47sと読んでのリーチなのだろうが
これもなかなか打てる人はいないのではないか。
積み棒が1000×3に一本場と、あがり事態が重要な部分。
一点読みとするならば確かにリーチでもいいのかもしれない。
個人的にはダマ→多面変化引けば、厳しい7s切ってでもリーチ、これも視野にすると思う。
f:id:zmatome:20170917221112p:plain
ドラドラあるならば、基本形に問わず役無しはだいたい曲げる。
どらが7pということと、2pが1枚でてるだけでリーチを打てない人もそこそこいるのでは。
リーチ判断のメリハリはかなり基準化されているように思う
f:id:zmatome:20170917221212p:plain
こういうテンパイを入れているとき、対リーチにたいしてアンパイの空ぎりつもぎりは
「テンパイしているなら空ぎり、ノーテンorシャンテンならツモぎり」が良いと考えている。
とくにテンパイしているなら「出来るだけ時間を使う」ことも必要。
実際にどう写るかは別として
対リーチ一発めに長考→てだし現物
これだけを見れば、テンパイから回ったというミスリードを誘うことも出来る
逆にノーテンからつもぎりを選択することで
張ってるかシャンテンかは別として、手出しと比べれば「降りてるかどうかの判別はつきにくい」
対リーチではない仕掛けの時にも似たような話ができて
①122567s45p11mツモ3s(ドラ白ぽん)打2s
②122s33478p11mツモ3s(ドラ白ポン)打2s
次に1sを持ってきたとしたら①は空ぎりするべきだと思うし②はつもぎりするべきだと思う。
①は現状テンパイ→河に21のターツ手出し払いと見せることで「次1枚でるまではまだ間に合うかも?」とシャンテンブラフをかけることができて
②の現状シャンテン→河に21のターツ払いと見せると同じように「次1枚でるまではまだ間に合うかも?」と思われて押されない物を押されてしまう可能性はある。
相手にとってどう見せたいか?に重きを置くことで
空ぎり、つもぎりを変える必要は必ずある。
形にあまり関係なければ、基本は空ぎりをすることでアンパイリセットをかけるメリットはある。
f:id:zmatome:20170917221252p:plain
12をダマにしていたところ、対面がなにやらぴんず染め傾向に。
ダマにしてても早い順目でのポロリ期待値が若干下がっているのなら
親リーぶつけて、対面にとって不要な5869s辺りの筋すらやや打ちにくくしてツモ抽選+下に裏1ENDのチャンスも若干ながらに狙うのもありに見えた。対面がそうず染めなら永遠のダマで良い気もする
f:id:zmatome:20170917221327p:plain
打点を作る上では、とくにダブトンでもないのでドラ9mを残しそう。
一枚重なるだけでほぼマンガンと一枚重なることで動ける29。
この局面で29を取りに行くメリットはあまり高くない
f:id:zmatome:20170917221416p:plain
マックスに受けるのなら4p切りだが、ペンチーピンだけでは頼りないと見たのか、356p引きでぴんずのリャンカンあるいはリャンメンを作ってそうずは147sのラインに任せているのか。
ぱっとみ4pじゃないか?と思うがぴんずの良形がそこそこ和率たかそうなのでなかなか渋いチョイスで個人的には面白いなと思う。
f:id:zmatome:20170917221453p:plain
こういう白ポン58メインとなりそうな手でも縦2枚の4pをこぼさないようにしている。
私はドラそばということもありたいていつもぎりしていると思う。4p縦2枚よりは、この順目といえど守備に重きを。
f:id:zmatome:20170917221530p:plain
やや煮詰まりつつある局面もアンパイをけずって58役ハイバックで局参加。
形は不十分だが、言葉だけで言えば58のイーシャンテン。こういう微妙な形からも自分のあがりを強欲に見ていく。
f:id:zmatome:20170917221824p:plain
これまた思いきった仕掛け。ドラポンで一気に制圧かけて染めていく。
そうずリャンメンターツを払うと一気に河が弱くなるが打点やプレッシャーもかなり高いよ。
めんぜん、たんやおと道は他にもあるが一気に寄せを選んだ模様
f:id:zmatome:20170917222002p:plain
こんな手が
f:id:zmatome:20170917222023p:plain
こうなってここで2を打つ人がかなり多いように思うが、
f:id:zmatome:20170917222047p:plain
結局この倍万に仕上げる。
手なりといえば手なりで来た牌に沿ってるだけだが、2p残しの部分から、若干ながらにジュンチャンあたりも意識してるように見える。
f:id:zmatome:20170917222111p:plain
これもまた意外な選択。だいたいがリャンメンで厚く構えそうな所を
縦の手役もベースにツモに応えていくような手順。
決して牌効率だけで打ってるだけでということではない一打。

ざっと拝見させていただいたところ
印象
バック、少し遠めでもガンガン仕掛ける
対リーチにも対仕掛けにも、自分がシャンテンor高打点ならかなり押す
愚形でもドラ1以上ならだいたい追っかける
手代わりをあまり待たない、テンパイすればかなり曲げ寄り。

少し見た限りではかなりのインファイタータイプ。
キタさん、しゅらるさん、Atriaさん、あたりとは真逆のようなイメージ。
zkurtさん、しめじんのような回しや粘りともまた違って
押して殺すか、押して殺されるか、の展開もよくみうけられ
小回りが効くというよりは、多少失点が続いても一局、二局の間に一撃で盛り返す。という感じでした