三麻の日記

五段は十段の折り返し

まめ、みーみる、ぺんぎん

どうも、お母さんです。
f:id:zmatome:20180225004601j:plain
先日の三鳳オフの次の次の日、一件のメッセージが届いた「遊ぼう」
最初俺は、三鳳にこの前までいた「遊ぼうよ」からかと思ったが、よくみたら6段の豆君からだった。

夜の上野へと駆け出し、雀荘につく。
みーみる、ぺんぎんとは初めてで、軽く挨拶代わりにパワーボムを自分にかました。これが大ウケ笑(キムチ鍋)

まずはあきにゃんの悪口で盛り上がり、いざ麻雀。
ちなみにみーみる、ぺんぎんとは初対面で
みーみる→その辺にいるただのイケメン、背が高い
ぺんぎん→リュックを無くした人、なのに笑顔
という認識。
ルールをどうするかってなったとき
ぺんぎんがこういった
「リャンシバ、オープン有り、ふりてんなし」
お母さん「なんでもいいですよ~(ばかかー!?wなんやそのくっそルール聞いたことねえよひとりでやれww)」
と思っていたんだけど、大変不思議なことに「てんほうさんま」より遥かに面白かった。
なにより「不意の平和ドラ3」「ガチャガチャ鳴いてやくはいドラ5」とかが無いんだよ。
おもしれーよこれ。
読み物それなりに効くし
通常河リーチに対しての字の打ちやすさ
オープンがないとき(リーチ段階で2役確定)の筋の通りやすさが尋常じゃない。
できごと①
みーみる「つもっ!えーっと……(ちんいつ、指折り計算中)」
まめ、ぺんぎん「ばいまん!ばいまん!!ジャラジャラっ(点数を払う)」
みーみる「そ!そっか!ばいまん!」
ガラガラガラ~次局
お母さん「今の三倍やで」
みーみる「ぉぃぃぃぃぃいいい!!!」
できごと②
東発の2本場
みーみる「りーち」
数順後まめ「……打東(あんこおとし)」
お母さん「ろんっ、50,000の10枚」
まめ苦笑い(この顔!この顔みるために俺は生きていた)
③みーみる「なんだこの手は?俺は市川じゃないんだよ」
これはほんま笑った
④ぺんぎんリュック見つかる
⑤まめ、少ハイ×2
⑥お母さん面前で高め大三四暗刻をテンパイ。テンパイ打ハイで放銃
⑦無言で近づいて全員の手を評価し出す、全く面識ないのにメンタルのずぶといメンバー
⑧まめ、朝飯男気じゃんけん負け
こんな感じか。
ぺんぎんすげー面白かったし本当にまた打ちてえ。
みーみるは仕事少し良くなってなにより
豆の居候は爆笑しかない

豆君はにくめないキャラだよね。可愛い

2/17 三鳳オフ(閉幕)

どうも、お母さんです。
f:id:zmatome:20180219085024p:plain

当日は気持ちの良い目覚めを迎え、郵便物を取り新宿へと向かった。
楽しいことを控えてる分、電車の中だというのに陽気な気持ちで踊り出すお母さんがそこにはいた。

新宿につき、岩とまめ君とリプをしながら到着した。
岩「しゅらるさんと二人で禁煙にいる」
それを聞いた俺は今すぐ岩という男の魔の手にかかりかけているしゅらるを助けに飛行機でぜんりょくで向かった。

お母さん「もっと早くならんのか……ギリッ」
操縦士びぎなーず「これが限界や笑」
お母さん「笑ってる場合か!?」
操縦士びぎ「ルバンザサーッwww」
そうこうしてるうちに俺は遂にZOO新宿店の5階にきていた。
右から一人のその男が歩いてきた
お母さん「お、お知らせさん!!どうもです」
お知らせさん「エロゲーはストレスがたまらないけど、天鳳はストレスがたまるよ」
お母さん「そうですね!?」
会場に入ると、そこには三鳳の会ったことのない人間がズラリ。
初戦は岩+お知らせ卓
お知らせさんに良いところを見せ、岩に麻雀とはなんなのか?を教えてやろうと気合いを入れたお母さんの起家
ハイパイはというと、はるか千葉から新宿にやってきた人に渡すようなハイパイとは思えぬ体たらくなカス。
心の中では野々村議員と豊田議員がお母さんに憑依していた。
そして開幕から岩の不正が輝く。めんぴんつもドラ4親かぶり。
ここでも豊田議員が「違うだるぉぉぉぉ!!!??」と葛藤していた。
色々あってラス。ほんま岩の野郎💢
しっかし、前のオフの時もそうだったんだけど
お知らせさんの押しがすげー鋭い。
危険ハイを斬るときの戸惑いが全く無いくらいに
ただ1枚危険ハイを置く動作の一回一回に
心がやられそうになるってすごいよね。
それからは
お知らせ+まつたけ、お知らせ+しゅらる、お知らせ+まめ、お知らせ+まめ、お知らせ+遠藤、お知らせ+ベッソノ

あのなwww何回俺はお知らせさんとやらなきゃいけねえんだよww何気なく続行してたけど
お知らせお知らせお知らせお知らせお知らせお知らせ
本当にお知らせ祭りで
内心(また!?またかよ!?おいおいwふっざけんなw楽しいけど辛すぎる)とばかりw。
途中三回くらいかな?二件リーチ中に「この一枚を通せればりゃんめん+満願」
みたいな展開が重なって、行けない→あがりのがし→通ってました→他家の勝負手炸裂
これが立て続けに続いて何故かびぎなーずの犬のアイコンが頭に浮かんだ。
ようは押せよカスっいうことだろうな。
ほっせえ麻雀打っちまったよ。
けど、やっぱりここだなという自分の弱さのポイントを改めて痛感できることでもあった。

時間も過ぎていきこのままではタプロウと打てなくなると焦った俺は
別卓で観戦していた梶お兄さんに
「ここ、入りませんか?(願望)(べっそ十段+お知らせ会長卓)」
梶お兄さん「入りますぅ」(やったー!!!遂に地獄卓解放)
鬼卓に梶お兄さんを放り込んだ後に遂にミャーブレイクとの戦い。
まずはこのうるせえ鳴きをだまらせねえとな。
ツモ、6オール。
あがったのはお母さん。むだづもなしの不正パッツモを五順目に決めどや顔。その後展開が味方しトップ。
次戦は岩の不正が爽快に決まる。
タプロウにはあまり手が入らなかったが、それでも楽しく振る舞ってくれて
岩というマナーのかたまり。
ふらっしゅというトークマシンにより最高に面白かった。
そうそう
岩ラスメ、マメトップ目、ブレイク2着親番
これで、岩が三倍万ツモをあがった。
作った形が14順目22235566778999s北抜2
から8sきりリーチ中にの1sツモ。
俺は「一旦8sきってぴんずの456を引いてたんきでりーち、あるいは2s切ってシャンテん戻し」をアドバイスしたんだけど
岩が「それはありえない。」という。
うん、俺もなにいってるか分からねえよ岩、助けてくれ。
しっかし北岡先生には爆笑したわ
お知らせさんが切っ6sに45sを晒してきたから本気で「え!?」っていったら
ロォンッ!!8000wwってw
もう一個笑ったのが
お知らせさんがリーチして「ツモ」(カカカカカカカカッ理ハイ→倒ハイ)で、なんや理ハイやたらなげえな?って思ったらチートイを
ABCDEFGABCDEF ツモGみたいな(順番ちょっと違うもかもだけどとにかくバラバラw)訳のわからん理ハイ披露してきたw

スコアとしては最終5000円浮きくらいで終わった(途中謎のスコアお知らせ1位まめ2位税2位という帳簿があってラスが存在してねえwっていうww)
そのあとあきにゃんも合流して居酒屋へ。(大嘘)

これが面白かった。
19:00~22:30までいたのかな。
ずっと盛り上がっていた気がする。
しゅらるさんが席だけ予約しておいた事が完全に効いた。
コースだと21:00に追い出されていたからな。いやはや助かった。
机が2つ横並びに並んで
しゅらりん ぱーとん まめお お知らせさん 岩美
かじお兄さん 税お母さん ふら子 園子 樽子
っていう感じ。
俺の横でみゃみゃっとはうるせえし
前のパートはまめにだきついてるし
横の梶お兄さんはいい人過ぎるし
しゅらるさん可愛いし
トイレにいくたびに、しゅらるさんにアイコンタクトで「と、い、れ、に、き、て、ね」と送るも完全に空をきられた。まぁ、彼も緊張しているのだろう。
「しゅらるさんとワンチャンあるで」「しゅらりんといけるかも」とか書いてたの本当デラきもいお母さんww
パートさんとお母さんが向かって話してると、
パートさんとお母さんっていう耳障り的に、町でよくあるご近所さんみたいなシーンかよってな。
しゅらるさん、本当硬いですよね?って何回も同じ質問をしておいた。
意外なのがしゅらるさんってあんだけ良い麻雀打ってて強いのに段位に8989の変動が一度もないんだよね、びっくり。
突然床オナの話になったときに
畳の場合は痛いのか?について
梶さんに聞いたら
「繊維に揃えてやれば大丈夫なんじゃないか?」
という真剣な眼差しに俺は背徳感につつまれた。
からのしゅらる君のチョリソー。(謎)
誰も聞いてないのに黒ギャルが好きだと豪語するふらっしゅ。
彼女にとんでもない条件を出すパート。
可愛いい可愛いいまめ。
ふらっしゅに質問しておいてオルタナティブガールズを起動するお母さん
大変なテーブルだった。
隣席の遠藤べその岩お知らせは大人の三鳳トークを繰り広げていて
こっちもくだらないトークを繰り広げていた。
しめじんの話が4分くらい出た。
ハードルあげといたから宜しく。
グラの話も2分は出た。
リングの話も3分くらい、ユウニャの話が30分くらい。
しまのさるが30秒、カリーナが6秒くらい。
これわりとマジで正確っぽい時間やで。
あとあきにゃんの話が五時間。
これがマジ苦痛だったにゃん。
にゃん。にゃんとお母さんの直対ほんと笑えねえって
話が4秒は出たな。
後はやっぱりみんな秋刀魚民だけあって、どっちのテーブルも秋刀魚の話がぎょうさんでとった。
それから居酒屋を跡にして駅に向かう一向。
駅の前でみんなが解散とするときにお母さんはこう言いました。
「まだ打ち足りないので新宿で打ってきますwお疲れ様でした!」と。

そしてお母さんは一人新宿の大海原へと駆け出した。
ゴッド、ポイント、グレイとブルー、数ある東トンが並ぶ中お母さんがチョイスしたのは
新宿最強と噂される半荘店「ZOO」という裏雀荘
だった。
中に入るとアルマーニのスーツを着た男性店員が俺にこう聞く
店員「いらっしゃいませ、当店の会員証はおもちですか」
母「はい」(ツタヤのカードを見せる)
店員「なめてんですか?」
母「裏の名前みてみ」
店員「……だ、だいてんし、まきにゃんだと!!??し、失礼しました!!ご案内致します」
母「にゃん」
こうして俺はZOOのTENGOという裏ルールに誘われた。レートは想像にお任せするぜ?
とりあえずいっちょ猿どもを揉んでやるかと始めた
上家は御曹司(本当はおっさん)
対面は総理大臣(本当は若い人)
そして一番驚いたのが下家のzkurt(本当は若いメンバー)

母「zkurtさん!?」
zkurt「ふふ、くると思ってたよ。今日はおまえを殺しにいくよ!けけけ」
母「まさかこんなところで会うとはな……けど俺は負けねえぜ??」
調子もかなりよく0-0-3-2
俺が猿だったww
ただしここのお店は新宿最強の半荘店なので無理もない。誰が打っても平準3.5になるような店なので俺はなまじ頑張れていた。

そのまま新宿の秘境テルマーユへと行き朝になって翌日の10:00からヒッキー、優子、鉄と四麻東風28戦やって負けておわり。
今から岩と映画、かったりぃけどいってくるわ

17日面子紹介

どうも、みただめです。
17日の面子をご紹介させていただきます。めしあがれ。(敬称略)

f:id:zmatome:20180217022233j:plain


①お知らせ
名実ともに言わずと知れた三鳳の顔
一ヶ月で三鳳1400本オーバーという記録を作り出した。
エロゲー天鳳とフリーが大好物のようだ。

②樽なの壊さないでね
通称たるこわ自称タフマン
時に遠藤さんと呼ばれることもあるがタフマンと呼ばれると頬を明らめることから、恥ずかしいということは図星なのだろう。
トーク力がかなり高く、1日中話せるような人。包容力が高く、貿易関係の仕事の管理職をやっている。

③北岡まつたけ
ロオピン凶の開祖。
若いがきれのあるツイートで「世の本質」みたいなものを説いては斬り説いては斬る。
紫のパーカーが似合う事から、回りの人間からは裏で「紫のパーカーが似合う男」と恐れられている。実家は今池(オオウソ)

④ベエソノ
天鳳をやる→ごみ展開をひく→マウスパコーン→PCアボーン→病院に行く→天鳳を止めなさい
みたいな流れを2018年の2月にお越し
おそらく天鳳史上初と思われるまさかのドクターストップ。好きな食べ物はトランプの煮物

⑤マメ
散々ネタを作り出すネタ製造人間
但し元ラグビー部で体はでかく、顔と声はかわいい。
あたらないで!で三鳳に行くも、大概ベエソノに毎日煽られて気づけば六段に落ちてしまう展開はもはや日常。でも俺はこんな彼が好き。2018/02/11since~まめ(いたよなこういうの書いてた女子w別れた瞬間消えるのほんとスコ)

⑥しゅらる
基本的に「おちんぽ 」をベースとしたTwitter活動を展開。
ただし麻雀はすっげええ強い。硬いのにきれのある押し返しは心にまで響く。
硬いよ、硬いけれど、一発でドラを斬るくらいのハートを持ってる。

⑦岩
毎回俺に文句を言われてるめっちゃかわいそうなお父さん。
ご飯のツイートをするけどいつも理由がない。
ちょっとだけ話したけど人間性や人柄はかなーり高い。まず怒らない。俺が家を間違えて燃やしてしまったときも怒らずに笑ってた。怖かった……。
いつもありがとうございます。

⑧くま
三特を打ち過ぎて脳が溶けてしまった男。
多分だけど相当頭が良い。なぜかって?
バレンタインデーの術
コンビニで女性店員のレジでチョコを買った瞬間に小走りで商品を忘れたふりをして店を出る→すると女性店員が追いかけてきた、「あのっ……これっ……!」って言わせるシステムを構築した。
今はロサンゼルスのZOOで週2で働いている。ラーメンが好きすぎて頭にかけてしまうことがよくある。

⑨たぷろう(ふらっしゅ)
今年になって完全に脳が溶けた男。
レントゲンを撮ったら骨しか無くてびびった。
雀荘で「ポン」「ちー」の代わりに「みゃみゃっ」「みー」をオリジナルで使い世界中の雀荘をできんになった。
今はコッペパンを食べる仕事をしており、奥さんと子供がいる。しあわせになれ。

⑩ぱーと君
なぜか君をつけないといけない。
若いのになんといってもハイ裁きがものすごくキレイ。キレイすぎて告白したが見事にふられた。ふられた理由はシンプルなもので「理由がない」からだった。
ザビの店員さん、お客さんの中ではめずらしく理由があるタイプ。てむや岩には見習ってほしい。

⑪梶隆臣
一度だけ、昔Twitterで優しくしてくれた人。
今はどんな人か分からないけれど、周りの人いわく「三鳳の両親」らしい。
明日あって、目と目を合わせて正直に話してくる。
結果はみんなに電話するから焦らないでください。

⑫chucoma
話したことがないのでわからない

⑬お税
ゴミ

こんな感じ
あれ!?漏れてないよね……?漏れてたらごめんなさい。

寝れないんだよななんか。さよなら

三鳳オフ

どうも、お母さんです。
f:id:zmatome:20180210204812j:plain
なに?お礼がしたい?いいってそういうのwでももしくるなら夜九時ならryうるせえ

えー2/17(土)にしゅらるさん、まめさん主催?の
新宿三麻オフにお邪魔することにしました。
縁のある関東の方々を中心に集まってるようで、会ったことも無い人も沢山いるので、とても楽しみです。

今年は新年しょっぱなから
一番会いたかった〆じん君にも会えたし、色んな三麻の民と交流ができるという機会に感謝しかないですね。

ミスター三鳳のお知らせさんをはじめとした三鳳強豪の方々とリアルでお手合わせできる、ワクワクするなぁ。

夜は岩の家で鍋。翌日は岩と海水浴。忙しいけど岩がどうしてもっていうから付き合ってあげる感じなんだよね。

さよなら。
勝ったらアマギフにして配る。負けたら全裸でしんじゅくで踊る。宜しく。
さよなら

こんばんわ。みただめです。

少し前に誰もが認める三鳳の鉄強プレイヤーがこんなことを言っていた。

三鳳は、先月九段、十段だった人が翌月に六段七段に落ちるというのはよくある話。そして
ほとんどの打ち手がそこで挫折だったり、やるせなさを感じ辞めてしまう事が多い。
直接の要因ではないにせよ、それ故に打数を2000,3000とこなせる人間は少ないんじゃないかと思う。
その事実に心が蝕まれ、続けられないのではないか。

こんな事を言ったあとに

まいこしゃんっているでしょ。
自分でも三鳳最下位wwwとかいってるけど
あの人は本当に凄いと思うよ。

そう続けた。

まいこしゃんと言えば三鳳と特上を駆け回り、時に九段までいったり時に三段?までいったり。
確か総戦数は16000を超えていたはず。
自分の満足の行く結果を残せなければ、到底そんな莫大な数は打てないだろう。

上の人の言葉の裏付けをするのなら
そんな数字になる前に、ほとんどの人が折れてしまう。ってことだろうか。

それでも彼女は打ち続ける。そこにどんな思いや目標があるのかは分からないが
それでも打ち続けることができる。
人によっては
「そんなに打数打ってるなら、もう少し変化させられる部分もあるんでは?」と思う人もいるかもしれないが
いずれにしても、どん底までいったとしても
どんな形でも打っているのだから、とてつもないハートの強さだ。

二件リーチに無筋を切ってかわしきってあがるような、勝負的なハートじゃなくて
どんな厳しい結果でも
愚直にただ一筋に取り組める姿勢を真似できる人はそうはいないだろう。

技術も座学もそうだが
その一番の源にハートはある。
ハートの強さはすぐにつけられるものじゃなくて、長年培うことでしかつけられないものだと私は思う。

自分はハートがかなり弱い。勝負的なハートも、精神的なハートも。

傷つく事を恐れてる人間は、一生そのままってことなんだろう、戒めも兼ねて。
自分を信じていないと決してハートは強くなれないと思う。
信じるってのは「失敗しないこと」や、「不祥事がないこと」ではなくて
どんな結果が来ても「それを受け止められること」って言われた事がある。本当にそんな気がする。

take-youがかつて残した言葉
「麻雀というのは理ではなく、心で打つのだから誰かになにかを教わるということはない」
心で打つのだから、これだ。

心で打つ。
内容薄いけど終わり。さよなら

みゃーぶれいくに学ぶ

どうも、三只眼です。

今回はちょっと諸事情により、ピックアッププレイヤーに前後が生じましたが、まぁまぁ見ていってくださいね。

まずは基本データからいくぜ
f:id:zmatome:20180123105805p:plain
みゃーぶれいく 現九段
約1500戦安定7.855
直近1000戦安定8.132最高九段R2361
着順比率1>2>3 ポイント:積極的な鳴き

最近九段にのしあがったみゃーぶれいく選手。
三只眼ガイドブックによると
奥さんの「優子」
もうすぐ出産となる「KANAKO☆」
を所帯に持つ幸せな家庭の一家の主。(出産するのはみゃーぶれいくではありません、そしてフラッシュ、タプロウという別名有り)
私的にタプロウが一番気に入ってる。

他の人の着眼点とは違うかもしれないが
みゃーぶれいくさんの特徴は?と聞かれれば個人的には「鳴き」それも特に「役碑バック」だと思っている。
仕掛け、基本手組、ある程度の押し引きのラインは一定の水準が、見えずともあると考える
「ポンテン良×良シャンテン」→鳴きましょう
「12p135s」→12pを切りましょう
「愚形含み低打点後手2シャンテン」→リーチには退きましょうみたいな。
超大雑把だけど、鉄認識として共通されてるソレを今更あれこれ言うまでもない。
みゃーぶれいくの「仕掛け」というよりは「仕掛け方」がなかなかに独特だと思うのだ。

体感だが、三麻の鳴きは四麻以上に難しく思う。
展開が早く、一枚あたりの放銃率が高い三麻では
手詰まりからの放銃というのも割合多い。

打点の強い仕掛け、受けが柔らかい仕掛けのような
迷いの生じにくい鳴きは
例えリーチが入っても「手ハイ価値的な意味での押す材料」があって仕掛けをいれてる分
愚形含みの仕掛けと比較して、多少は行きやすい。

難しいのは、この局面をどうしても乗り越えたいが、どら周りも乏しく、北や赤もなく愚形もある。
そんなギリギリの仕掛けをどこまでアクセルできて、どこでブレーキをできるか
大概最低でも本手の一件とぶつかるケースが絶えない弱い仕掛けは
たった一枚の切り出しのタイミングや読みの精度がかなり要求される。

従って、手ハイ50点以下クラスからの仕掛けの難しさってそういう高度な所にあるのだと思う。
ポンっていうのは簡単だけど、
4麻と違って一色少ないんだから、微押しですら刺さりまくるというのに
ろくな手でもないところから短くして手詰まるってのは
典型的な死んだ仕掛け。といっても過言ではない。

さてさて、前置きは長く長くなってしまったが
実践のっ世界にっ!!みゃみゃっと!!

みゃみゃっと①
f:id:zmatome:20180123115334p:plain
賛否はさておき
いきなりの、ど偉い仕掛け。
親のあがりがなかなかに面倒なので、少しでもプレッシャーを与え、できるだけ打碑に影響をかけていく腹か。
めちゃくちゃ遠くにホンロートイが見えるが、1,2枚重なるだけで結構現実的になるんだなとも思ったり。
自分の手が激薄なので、必然的に、脇二件の手が成就するであろう。
この状態で2フーロ目を行くのかが些か難しく思うが、1mポンするなら全部発進するのか。
これの難しいのは、脇に入った強いダマをぎりぎりの所で看破できるかどうか。先述した対応力というのは、そのブレーキスキルもかなり含まれている。
最序盤の三麻のクソ鳴きで相手が早々に降りてくれるケースは本当に少なく思う。
序盤だからこそ、なんでも切られてしまう感じ。

みゃみゃっと②
f:id:zmatome:20180123120612p:plain
全力2000☆
これの少し良い所って、ただの2000バックってだけではなくて
2p発のバッタになったときに
ソウズの入り方次第でホンイツシフトも一応の選択しに残せる点
f:id:zmatome:20180123120849p:plain
ね、例えばここに発より先に3sツモったりしたら打2pでもバランス自体はそんなに崩れないよね。
3sは都合良すぎるにしても、9s引いて打2pって手順も無くはないよね。マックス打点四倍だし、2p残すなら発が絡むあがりが前提になる
ならかりに半歩遅れて発をストレートに咎められなくても
鳴いた後の形も十分勝負になるよね。

みゃみゃっと③
f:id:zmatome:20180123121230p:plain
そーれ加速だ!全力2000☆
自分は声出なさそうだ。攻撃力の鳴いターツ不足の四対子は、どうしてもチートイを見てしまう。
最近スピード意識が0!
タプロウはここでポンを選択、打ったのは発だから、完全にかわす手組
f:id:zmatome:20180123121605p:plain
入り目は4sだったが、南先引きでかなり引き締まった形になる
得意の2pと役碑のバッタ。
みゃみゃっと2,3同様に腰の軽いポンの声がよく出るよく出る。スピード感はすさまじい。

みゃみゃっと④
f:id:zmatome:20180123121955p:plain
これ、たまーにこんな1sってフワッと切りたくなるんだけど、結構手役の種になったりするんだよね。
14589は、他に強浮きがあれば優先的に切られちゃうけど
134589の1、124568、の8なんかは「あと2枚別を自力で埋めれば一通の形」と考えると結構偉い。
打点が無くて大した強浮きが無い場合は
重なりなしの六枚持ちの色は少し厚めに持つのも良いだろう。パット見切りたくなるけどね。
f:id:zmatome:20180123205324p:plain
タプロウの美しい最終型。みゃみゃっと満願っ!

みゃみゃっと⑤
f:id:zmatome:20180123205748p:plain
今回はドラドラっていうのもあるけれど
果敢に局参加。ターツも不足しており形もかなり悪く、ここからも結構厳しそうだが
指を加えてみてたらもっと間に合わない。
ならば後の事はとりあえず後!とりあえずみゃみゃっと鳴いちまおうぜ、ってか?みゃーさんらしいな。
しかーし二段目すぐに親リーが入る、どうなる?死ぬか?生きるか?

f:id:zmatome:20180123210440p:plain
57789pから梁面えと切り替わり同テンを引き勝つ。
未来は誰にも分からないけれど
麻雀の基本はアガリを目指すゲーム。
リスクをしょっても前に出る姿勢超大事。

みゃみゃっと⑥
f:id:zmatome:20180123210941p:plain
鳴くと親の現物が乏しくなり、展開によっては手詰まりになるかも……けどそんなの関係ないねっ。俺はみゃーぶれいくなんだから!
そーれみゃみゃっと!!3900+赤も北もまたまだあるから前進前進!面前だと遅いって!!
しかしまたしてもリーチが入る……

f:id:zmatome:20180123211416p:plain
静かに1枚、2枚と押していき満願テンパイ!
しかし47p待ちの半オナテンに敗れる。
本当によく仕掛ける。けど仕掛けて短くなったから放銃っていうパターンは見た感じ少なく
あんまりマイナスのことばかり考えず、積極的にパズルを解きにいく。
鳴かないのは簡単だけど、鳴くっていうのはやっぱり対応力が凄く求められて、それがうまく型にあってるように思う。

みゃみゃっと⑦
f:id:zmatome:20180123213814p:plain
これね。
リーチするのか?だまなのか?待ち取り?
個人的には4p切りダマ。
これだけ強い打点が見えてると、ただでさえ降りればトップの親は完全に降りる→一巡間の「1/3」の抽選が消える。
2着目は形によってはこの順目故にあがりも見なければいけないが、予想以上に形が悪い場合は親と一緒に仲良く降りましょって事になる。
一巡の間に自分を含め3のあがりがあるとすると
リーチをかけることでその数字は1~1,5くらいには落ちると思う。
特に親が限りなく降りに入るので、そこでの1の抽選を消すのは、必然的にラス率に直結するように思う。
今回は自分の大物手が周りに見えてるので
親も役なしテンパイで曲げにくく、曲げるどころか、道中の手順でさえ万が一は犯せないという制限がかかるぶん
「ダマにすることで自由に打たれる」のデメリット部分は幾らか緩和されるだろう。
しかしタプロウが選んだのは3p切りで
f:id:zmatome:20180123214815p:plain
こういう不正を平気でするwこれは痺れるな。
ラス回避ではなく、裏裏条件まで見越してのトップを見た……ということなのか?
あなたならどうする?
つづけてこのリーチ判断
f:id:zmatome:20180126104906p:plain
掴んだら打ちたくない牌がちょっと多すぎるのと
終盤のリーチ自体にメリットが少ない。
ダマでも打点は十分なので、リー棒一本も惜しむ意味も含めてダマ。
オーラス千点に泣く事も少なくない。
f:id:zmatome:20180126105422p:plain
ちょっとだけヒヤッとする牌。(3s→13pの手順なので一旦6ブロックに受けてる時のみあたり得るので結構通るか)
パット見5s以外にも引きたくない牌が多い。
申し訳ないことにリーチ派の意図を汲み取るスキルがないので、タプロウ後で教えて

みゃみゃっと⑧
f:id:zmatome:20180123215430p:plain
ちょっと難しいが、3900~の下家に若干打ちづらいと感じているのか。
早いとこ離してしまいたいが
てんぱったら切る→逆にてんぱらないと切らないっていう事になるんだけど
こういうの本当よくあるやつだよね。
今回は結構すぐテンパイが入りそうな形。
6sが間に合わなくなる事で、テンパイ時に勝負して刺さる。
6sが既に当たりという事で、脇やツモで失点数よりも自分がノーテンから放銃を引き受けてしまう。
どちらが自分にとって感触が悪いのか?ってのもあるけど
それってやっぱり相手の河にかなり依存すると思うんだよね。

今回の見解とするのなら
①河の濃度で言えば中張碑は一枚しか出ていないのだから、まだ通りそう
例えばここまでに4p→7sとか入ってると結構打ちにくいけど。
②順目的にも、大体の人間が張れば押すだろう。
形もそれなりに良いので現状はかなり前のめりに構える方針
以上の事から
どっちが痛いか?を考えると
間に合わなくて刺さる、の方だと私は感じた。
この辺のさじ加減も、結構違う所。
それでも残す人間は残した中でなんとかしようとする訳で
手なりだろうが何だろうが、その組み直しができる自信や術も持ち合わせているのだろう
f:id:zmatome:20180124104653p:plain
タプロウの見事な迂回
余談だけどこれは
f:id:zmatome:20180124105143p:plain
f:id:zmatome:20180124105354p:plain
守備の修羅「かいてき」氏の廻し。
廻し打ちとは言うけれど
牌が来るままに打ってはいるが、その「使いきってなんとかする」って事じたい、結構難しいよね。

みゃみゃっと⑨
f:id:zmatome:20180124094441p:plain
こんな状況でも元気にポンっ!
としたがどうか?
みゃみゃっと①で述べたように、自分の手にドラ、ドラ周り、赤、北が著しく少ないとき
相対的に他家の手に厚みがあることが多い。
となると?序盤のこのドラ0、ドラ色でもないこの染めには
f:id:zmatome:20180124095009p:plain
そう、なかなか絞られる展開にはならない。
今回の仕掛けの意図はみゃみゃっと①の1mポンとは違って、プレッシャーや絞りは抜きにした純粋にあがりへと向かう鳴きなので絞らせることがポイントではないが
とにかくドラ色と逆側の染めは結構なめられることが多い。北が一枚抜けてればそれだけでちょっと違うんだけどね、
面前でも遅いし打点ないしだいたい他家の方が早そうな感じだけど、如何にもタプロウっぽいなと思った。
f:id:zmatome:20180124101916p:plain
全力1000☆
これもね。形悪すぎるけど、前に出るしかないっ!そーれそれみゃみゃっと!!どっちにしろきついんだから自力であがって粘ってやる!という意思がめっちゃ伝わる……ハート強くみえる。
鳴くと手が狭くってアンパイガー、守備力ガーみたいな弱音は吐かない。
自分ができないのもあって、この積極的な感じ俺は凄く好き。いうてこれは鳴く人もそれなりにいるか。

みゃみゃっと⑩
f:id:zmatome:20180124221104p:plain
平和ドラ3中盤ダマ、よくあるよくある
難しいのはここ
f:id:zmatome:20180124221211p:plain
親から北北のリーチが入ったことで、南家から58sが出ることはかなり薄いだろう→なら曲げてぶつけるか。という腹か。
自分は多分ダマ。理由は3つくらい
①親の北北+南家ソウズ下無しをふまえると限り無く12000~平気で18000あるように見える
②自分の手にアンパイがある。
③親の最終手だしが9s
とくに①、③はかなり要素強め。
トン発で12000打ち込んで、リカバリーに意識も向くが
ここで12000~を再度打ち込めばそれはいよいよ厳しいだろう。
次に待ちの片方である8sの所在がかなり悪そう。
779sからのリーチもありえなくはないが
7sは自分から二枚見えていて南家に8sはない
となると、8sは間違いなく関連である目印になっている。
最低でも対子。アンコで入っていてもなんら不思議ではない。となると感覚として、あくまで感覚としては実質一枚きれの間5sみたいなもんだと頭によぎる。
②に関しては例えば頭が99mじゃなくて11pみたいな感じなら、リーチもちょっと有りかなと思える。
順目が深いと言えど、頭を落として回れるかどうかは
その後の復帰率が結構違う。14679sとか引いてもギリギリ粘れる
けど頭が無筋11pだとそれだけでもバランスがかなり違う。
強無筋引いたらほぼ抜かざるをえないくらいだから。
無論、自分は見た目リャンメンで枚数は現状一枚しか見えてないのだから勝負する価値もあると思うが
守備力を最大限までカバーする。出て8000、つもって6000になろうとも親の北北はきっちりケアする。
皆さんはどうだろうか?

みゃみゃっと⑫
f:id:zmatome:20180124222853p:plain
たんやおちーといドラドラのシャンテンだがポンっ!と。本当に良く鳴くな…面子手もあるしまったり打点作るかぁ!ではなく
打点を落としても仕掛けも利かせた5800へとシフトさせる。
こーゆー腰の軽さがどっちに転ぶかは分からんけど、見てて純粋に面白いと思う。
f:id:zmatome:20180124223214p:plain
当然のようにみゃみゃっとした。
フットワークがとても軽く、見た目安かろうがとにかくプレッシャーを与えて細かく作りにいくのに凄く馴れてるようだ。
三麻のフーロは常に対々の可能性が残る分、2フーロで河に偏りが無い手順だと
そんなには無視できなかったりもする面もあるかな。
後は北。北2枚抜き以上、あるいはどらが3~7で北1枚以上ならポンして中張牌事1~2枚手だすだけで、それを受ける側の印象はだいぶきついはず。
相手にどう見えるか、自分がケアするのはどんな時なのか?を常に念頭に置く。

みゃみゃっと⑬
f:id:zmatome:20180126095935p:plain
毎度おなじみの形を気しないラス目のポン。
最初見てて、こーゆー鳴きばっかしてると手詰まらないのかな?って思ってたんだけど
厳しそうな牌をつかんだとき、一旦止める→回る→降りる。このサイクルの地盤がなかなかについてるようだ。
現に放銃率もベース13(128~132くらいのブレ幅のハズ)と、むしろ面前型よりも守備力があるかのような。面白いスタイルだよね。
f:id:zmatome:20180126100035p:plain
ラス目の中沈みでギリギリまで押したくなるが、ここで他家に放銃すれば?状況は尚々苛烈に。
こういうの引き所が難しいけれど自分が愚形で、強い手相手に、そう何枚も頑張れない。
満願あるとちょっとだけ頑張りたくなるけどね。
とはいってもこれは降り優勢か。
人間、熱くなってるときだとこういうのも行って逝く図が想像つく。

みゃみゃっと⑭
f:id:zmatome:20180126100809p:plain
自分両面で白をカンとし、更にプレッシャーを与えることで場の進みを緩くさせる面と自分の打点をあげる面を優先させたがどうか?
個人的にはしないものとするだろう。
ドラを自分で切っているのが10%
なんといっても相手の河が濃すぎるが60%
対リーチに全押しする際のカンドラリスク30%
こんなところだ。
相手がこのフーロをどう評価してるか?が大部分の肝となるわけだが
依然として他家が回ってるようにはあまり思えない。
特に下家の中、対面の危険牌→アンパイ
この材料だけでも相手が自分の評価が低いことが幾らか分かる。
逆にカンドラ丸乗りからの満願っていうラインもあるけれど、結局リスクとメリットの天秤の価値観ですかね。
ちなみにいつものこの軽いみゃみゃっとで、この局は放銃となったが、それは手詰まりではないと思う

1134688p東東白白西中 みたいな手だったら基本全鳴きじゃん?
全鳴きした結果3488pでリーチ受けて現物なしで6pつもぎって放銃→これ手詰まりじゃないよね。
悩ましい手格好で仕掛けて、見合わない押し引きを強いられてしまう手順が手詰まりなわけだ。

みゃみゃっと⑮
f:id:zmatome:20180126102335p:plain
たぷろうの独特?なチャンタ決め。
タプロウはここからでも余裕で仕掛けにいきそうだ。南がでたらどうするかを見たかったが
f:id:zmatome:20180126102603p:plain
面前で決めやがった……これ七対見ながらとかいって初手1pしてそうな私には絶対あがれてないやつ。
タプロウこれ南鳴くの?あとで教えてね。
f:id:zmatome:20180126113902p:plain
これ他家のなんだけど、北残すメリットあんまないかな?

総評
鳴きの守備型っていう類い希なスタイル
スピードと手数で勝負して牽制、プレッシャーをガンガンかけてく序盤のインファイター。
良いところは後手にびびらず積極的にあがりを目指す姿勢が、縫うようなあがりを幾度となく見せる。
相反した話だが、もう少しツモを見ながらじっくりと構えて良さそうかと思える局面もしばし。

手が短いから無理に行くのではなく、手が短いなかでも回せるものは回す力は目立っているのでこれは大きな武器。
あがりに結び付かないフーロの割合的に、もう少し余分(かどうかは分からないが)な鳴きを減らせると、よりスリムでメリハリがつくか。

屈指のスピードスターをあなたはどう捉える??

最近

こんにちは、税です。
まず言わせてくれ。
約一週間程放置していて、見る人も段々と離れていってしまうのかと思いきや……
記事を投稿してないとき以上に見てくれてる人がいてくれた事に驚き+感謝。
参考であれ、暇潰しであれ、見てくれているその事実が嬉しい。ありがとうございます。

近況として
仕事がみゃみゃっと忙しくなったのもあり(嘘つけ三特バリバリ打ってたじゃねえかwってのは無しね)溜まりたまっている三麻民のプロファイルに一刻も早く手掛けたいとは思っているのだが、なかなかどうして。
少しばかり、のんびりペースにに付き合ってくれ。

1/20は東京、錦糸町駅付近に新規オープンした麻雀びーすとっていう店に行ってきた。
Twitterの道案内のおかげであっさり到着し、信号を渡ればびーすと!ってところで…黒い落とし物にきづいた。
手に取ってみると「定期券」「nanaco」が入っており、これはただごとではないと思い
警察、自衛隊、zkurt、総理大臣、久美に相談したが誰も相手にしてくれなかった。zkurtオオオオオッッッ!!!カート!!カート!!!!カートに入れる!!ああああああああ!!!!
ぜっ!ぜっ!ぜっとかーとっ!!くう~!!

で、目的地を目の前に「ここで警察に届けなかったら今日は負ける流れでは?」と思い
警察へと体を動かす、が!この時税に電流走る!!「届けたからまけはないだろう……ホッ」その心が汚い!よって今日は負けさせる!
という天命が耳に宿った。
どっちにしろ負けるやつやん…。

事を済ませてびーすとに。
カランコロンと同時に響く「らっしゃっせ!今日はどちらで?」
本当はゲストと打ちたかったが、卓回しが困難になりそうだったので「なんでも、大丈夫です」と店員に伝え三麻の卓に案内をされた。
そうそう、このお店パオが無いっていうのがなんか感動した。
抜きどら扱いで「び」「~」「す」「と」っていうハイがあるんだけど
銅鐸した皆さんほぼお初のようで、途中対面の人が「~」を白だと思い込んでポンしててあとからきづいて三人で爆笑したw
四枚使いのチートイありで、5が全部ドラ
5ピン(赤、赤、青、麒麟)
5そう(赤、赤、青、青)
青は200円、麒麟が500円の鳴きあり祝儀。
一番爽快だったのは
チートイであがり三倍万のテンパイダマ5p待ちで入っていて
他家からリーチきたので、5pも無筋で待ちごろっていうハイが特に無いのでモギ追っかけしたら一発で麒麟引いて役満の16枚オールを引いた。

そのあとはずっとぶら下がりの二位が続き12222で四麻に移動した。

福地さん卓→安斎さん卓と周り、最後の四時間くらいはずっと安斎さん卓にいた。
安斎さんは手つきやマナーは申し分なく、麻雀打ちがこれだけ耀いて見てたのも久しぶりだ。
そして途中まで気づかなかったのだが、対面にいたのはmjあさぴんさんだった。
そして福地さんが一回移動してきて
安斎さん、mjさん、福地さんという、なんとも素敵な卓で打つことができた。
一番笑ったのは、お店の人?と思われる女性メンバー?、mjさん、安斎さんと銅鐸したときに
俺が先制→あさぴんさん追っかけ→俺即掴み
になったときに「やったあ!!(横移動的な意味でね笑)」って言われことw笑顔がすてきで悪意0だったので、逆に場が和んだ。
1日打って5600円だけ浮いて帰宅した。

ゲストでは、安斎さん、福地さん、そして裏ゲストとして「あさぴん@mj」さん。がいた。

今日1/21は、もと自分が入っていた麻雀ライングループの真エトペンとスヤマと三麻。いってきます。