三麻の日記

天鳳三麻と三麻民との出会い

俺が四麻を打つ理由

f:id:zmatome:20200528231027j:plain


何故僕があれだけ毎日やっていた三麻をやめ
四麻を打っているか









早く皆に話したいんだけど
なるまでは話すことができないのがもどかしい。
いつになることやら。
結構いろんなところで
「zkurtを追って四鳳入り目指してる…??」説が流れてるんだけど
実はそうじゃないんだ。
これは…とある一人の麻雀打ちの
何気ないたった1つのツイートから始まった物語なんだ。
僕が奇跡的に七段になれたら是非書かせてほしい。
俺はその1つの記事を書くためだけに続けているといっても過言ではない。

はい、ということで
四人打ちに転身してから
特南101戦
28-32-23-18 (2.32)
※5/29訂正
特南72戦でした
21-24-15-12(2.25)
特東84戦
21-22-18-23 (2.51)

打数はあまりつめていないものの
四段の緩やかな配分に助けられ
四段860/1600→五段1525/2000
へと歩を進めた。

感覚や体感という不安定な物に身を任せ
座学をある程度無視して打ってきた自分としては
四麻へのアジャストになかなか苦戦している。
にも関わらず、過ごしてきた特南の2.32は
短期でも超できすぎな数字だ。
これからもっと収束して2.43〜2.45くらいに落ち着いていくような気がする。
ただ、特南で2.45なんか残してたら一向に七段なんてなれないので
自力をあげるためにも
打って打って読んで読んで、ちょっとずつ積んでいくしかないだろう。
幸い、周りには凄い親切な人ばかりで
私でよかったらなんでも聞いてね〜と声をかけてくださる方ばかりだ。
そういう好意に甘えるのもいいだろう。
しかし、迷い、苦しみ、もがく
それこそが麻雀の面白さであると考えると
その葛藤ほど、自分の幅を広げるチャンスなんだと思う。
聞いたり、見たりするのが間違いじゃないし
むしろ積極的になるべきだろう。
けど今は、それはその先の行き詰まった時でいいかなとも思ってる。

まずは打ってみる、考えてみる。
引き続きこれの繰り返しを沢山こなそうと思う。

頑張ります。ね?かたん。

感動

もともと感動しやすい性格なのだろう。

自然が作り出すオーロラ、雪景色
画家が魅せる渾身の1作品
有名アーティストが響かせる歌声
日常で世の中の至る所に、様々な形で
多くの「感動」が満ち溢れている。
私は、その多くの感動の中でも
人が人に与える感動こそが、感動の頂点に座していると信じている。



最近、とある麻雀打ちとこのような話をした。

私は、人の麻雀を見て感動を覚える事があると話したときに
相手は、そのような感情を持ったことは自分はあまりない
というものだった。
その相手は初心者や中級者という括りではなく、間違いなく上級者でもあるものの、そういった感情が芽生えないということが
私にとってはかなり意外なものだった。
ただ、それはもしかしたら普通のことかもしれない。
何が良いというわけでもないし、自分の考えを押し付ける事なんてするつもりもなかったが
自分と違う考えを持つ者に、自分の思いを伝え
それをもしも自分が見せる事ができて
更に相手がそれに心を打たれることがあれば
そんなに美しいものは無いように思う。

時に麻雀は、言葉も無く置かれ続ける1枚1枚に
とてつもない覚悟や意思が映し出されることがある。
気持ちを込めて贈り出される1枚1枚を見ていると
本当に心が打たれてしまう。
その麻雀打ちと話したことは無くとも
まるで牌が訴えているかのように。

かなり珍しいパターンとして
「打ち手」として感動し「人間」として尊敬に至る存在も確かにいた。
牌の選択だけで感動を覚えることも珍しいのかもしれないが
ひょんな事から麻雀打ちと麻雀打ちはどこかで繫がってしまうことがある。
そこで、その打ち手を一人の人間として見たときに
言葉にはならない打牌の
見続けた想いの真意を聞けることがある。
そこでまた、その打ち手に感服を致すこともある。

麻雀って面白いもので
強くなきゃいけないわけでもなく
弱くては駄目なわけでもない。
ただ少しの人間は「好きなことくらい、強く在りたい」と思うだろう。それも立派な気概だ。

ここにきて私はふと思ったが
私が麻雀に求めているものは
強いこと、弱いこと
多くの仲間がいること、孤独でいること
誰かについていくこと、ついてこられること
考えること、悩むこと、迷うこと
そんな中にあると思っていたが
それら全ては
麻雀を打つ中で自分が誰かに感動したり
誰かに感動を与えたかったりすることの要素だったのだろう。



誰かに何かを思わせてこその麻雀なのだ。

言葉が無くとも伝わる思いこそ、本当に伝えたいものなのだ。

zkurtについて

こんにちは、藤間優子です。
f:id:zmatome:20200427141704j:plain
参加者様のご協力のもと、大会も無事に終わることができました。

コロナの影響も予想以上に強く、オフどころか、ろくにセットさえも成しえにくい状況は
今後長くに渡って続くことでしょう。
その中で、同じ趣味を持つもの同士で同じ時間を共有するということ自体が
それだけで有意義な時間と言えるだろう。
今後もこのような催しができれば、これ幸いと存じます。

今日は改めてzkurtについてお話しようと思います。
皆さんは「zkurt」という言葉を聞いたことがありますか?
天鳳11年目の僕の本当の父親です。
僕を産んでくれた人はまた違う人だけど
あれはいつだったかな
199X年、海は枯れ、地は避けあらゆる生命体葉絶滅したかに見えた
山でたった1人布で包まれて捨てられていた俺を拾ったのが そう、zkurtだった。
zkurtは俺の瞳をジ‥と見つめ、言葉をかけた
zkurt「おまえ、名前は」
お母さん「ふじ‥藤間‥優子」
zkurt「よし、今日からお前はお母さんだ」
お母さん「繋ぐこの手が‥私のアームドギアだっ」
こうして、zkurtとお母さんの生活が始まった。
zkurtにしてみれば全てが初めてのことだった。
飯は。お世辞にもうまいとは言えなかったが
「誰かのためになにかをやる」というのはいつの時代も不思議なもので
絵や景色、美しいものや儚いもので得られる感動とは違い
人の意志が介在するソレには、人を輝かせる力がある。
お母さん「オトウサン、オイシクナイ」
zkurt「はははwごめんな父ちゃん料理できなくて」
お母さん「ガマンシテタベル」
zkurt「おまえは良い子だな」
そう言うとその大きな手で俺の頭を撫でてくれた。
そんな生活をしていくことで、確かにおれたちは親子になった。

俺にとっての父親っていうのは
産んでくれた人じゃなくて、育ててくれた人だから。
1月「zkurtとスキーにいった。ニセコ
2月「まめまき。鬼が出てきてやっぱりアイコンが汚かった」
3月「ひなまつり、zkurtの手作りでお世辞にも上手ではなかった」
4月「インドに旅行につれいってくれた、帰りは別々川だった」
5月「37.3の熱が出た」
6月「熱帯魚を買って一緒に育てた」
7月「暑かった」
8月「エアコンを買った」
9月「おいしかった」
10月「zkurtの好きな焼き魚、ほっけ、さんまを沢山たべた。父親は「おいしいね」と笑っていた。俺はこの笑顔を守りたいと思った」
11月「もみじを集めて冠を作ってオトウサンにプレゼントしたらニコニコしながらその場でゴミ箱に捨てられて嬉しかった」
12月「キャンプにつれていってくれた。テントで色々話した」

zkurt‥俺はどんな恩返しができるかな。
俺のことをここまで育て、愛し、見守り、尽くしてくれてありがとう。
俺は極めたよ。
zkurtが俺にそうしてくれたように、俺も誰かにそうすることにした。

ありがとう。生まれてくれて  

俺と出会ってくれてありがとう。

今日も俺は元気に麻雀やってるよ、お父さん。
けど結局「また俺」

zkurtが1番辛い思いをしているかもしれない杯

来る4/26(日)開催される大会の選手紹介
f:id:zmatome:20200425202709p:plain
↑とある画伯の1枚。彼は元気にしてるかな。



1 鬼
f:id:zmatome:20200424230859j:plain
これは何度も何度もいってるんだけど、鬼のアイコンって毎回毎回本当に汚いんだよなwwなんでなんだろう
f:id:zmatome:20200424231006p:plain

特色としては、先切りやや多めの良形固定のスリム派。
ラスは少ないが2着が多い為、収支戦よりはこういったラス回避の天鳳ルールには向いてる気がする

OMISO-S「普通にやりにくいですよ、僕直対0-0-0」
大和桜「一度もあたってないのに評価はくさ」
OMISO「おもしろい!?wおもしろかった!?w」
大和桜「うわめんどくせえ‥」

2 ゴリラウマ
f:id:zmatome:20200424231823j:plain
おーくりー「まずゴリラなのかウマなのかはっきりしろよ」
長光真矢「怒らないで、ゴリラでもウマでもあの子はわたしたちの大切なな子よ!」
おーくりー「カ〜ラ〜ス〜なぜなくの〜」
長光真矢「突然のコーラスw」
ゴリラウマ「白い光の〜」
ネオ○ックス「混声3部始まってワロタ」
シュガーパン「誰かこいつら止めろw」
※ゴリラウマさんとはお初なのでスタイル等は不明です。

3 スターマイン
f:id:zmatome:20200424231908j:plain
今年の2月に発覚した史実として
zkurtの父親であることがわかった。
笑ったときに頬が上がる癖がなによりの証拠。
ヨンマサンマともに鳳凰卓にあがる腕前の持ち主。
麻雀ノートの精密さはライト層〜上級層にも刺さる内容を数々かき揚げ、今では億万長者となりグアムに住んでる。
職業は加湿器のフィルターを作る講師。
お母さん「普通に強敵ですよ」
NEGITS「おまえ俺ラスらせるためにわざと単品テンパイ外しただろ」
お母さん「すまんどう考えてもそういう雰囲気だったろあれ」
NEGITS「おまえだけはマジで許さんわww」
お母さん「器小せえんだよ💢」
シュガーパン「まぁまぁ喧嘩はやめてよ」
おか/NEGI「おまえは引っ込んでろよ!!!!」
ガーパン「ひぅぅぅぅぅ」


4 雨崎千羽矢
f:id:zmatome:20200424233236j:plain
精神srrtに教わった押し引きを軸に当時苦しみながらも九段までかけあがった成長型。
今は世界初の男性妊娠を経て子供を産んで生活をしている。
奥さん病院に相談にいったとき
医者「妊娠してます」
雨崎「やったなおまえ!」
医者「おまえがママになるんだよ!!(コンクリートで頭ゴン)」
雨崎「まざい!?」
帝王切開して出産。おめでと。
昔からなかがいい。お母さんをいつも漢字でバカにしてくる悪いやつ
mas「ココココ」
エイトリベリット「オウキ将軍かよおまえはww」
mas「おまえ?おまえっておれのこと?」
夢咲案内人「おまえ以外どこにいんだよ笑」
mas「オマエラ‥コロス」
お母さん「逃げろ‥おまえら‥」

5 kuro3296
f:id:zmatome:20200424233844j:plain
かなり守備のウェイトを強めた押し引きベースを持っており、配布検討なども真面目にこなし
自戒も含め、ぶろぐなども活用している努力家。
頼むから俺のようなブログの変貌は遂げないでほしいと切に願っている。

6 尾城小梅
f:id:zmatome:20200424234430j:plain
なんだろうと思って調べてみたら
天使の3pというアニメに出てくるキャラらしい
かわいい。PB3Pはよくみるけど、天使のさんぴぃは見たことない。
そうそう、この人の面白いのが昔有田さんが呟いていたけど
2013年にtwitterを登録して6年間ずっとトリダマをしてたのに
嶺上様の激昂の一言に反応したのが初ツイート
f:id:zmatome:20200424234722p:plain
6年間のダマは流石に長過ぎる
多分だけどzkurtの妹


7 あたらないで
f:id:zmatome:20200424234936j:plain
大学までラグビー人生を送っていたはずが
気づいたら何故か天鳳の罠にかかった被害者
まめ君は人柄が優勝してるのと、コミュニケーション能力がめちゃくちゃ高いから
世の中を渡るのことにかなりアドバンテージのある性格。
って麻雀全然関係なくてワロタ
麻雀はやや押し型、得意技は金欠と破産。
calc.「遊ぶ金あるなら少しは返せよ…」
あたらないで「ごめんてww」
calc.「いいよ」
mizm 「ちょろすぎかよw」
glanz90「青パジャマ赤パジャマ黃パジャマ俺ジャマ?」
mizm「なにをいってるの?」

8 腹痛の精神
f:id:zmatome:20200425061501j:plain
配管工の仕事関係に従事しているらしく
三鳳のマリオと呼ばれている。
ガキの頃にゲームボーイカラーのソフト「6つの金貨」
をやり込みすぎて
両手の指紋が無い。
麻雀は配信も行っており、聞きやいトーンと落ち着いたトーク力を魅せている。
妹の事愛してます「6つの金貨ww」
お父さんの事愛してます「あれのステージ選ぶときのパパポパポー♪の音楽を、バカが見る〜♪とかにしてたよねw」
お母さんの事愛してます「マジでわけわかんなくて涙出てきた」
弟の事愛してます「こだわる要素が細すぎ」 

9 うれたん枕
f:id:zmatome:20200425061808j:plain
若き学生天鳳
未だに分からないんだけどウレタン枕ってID不思議だよな、マジでわけわかんねえんだもんw
前回も参加してくれた方で、母国に賞金を持ち帰るんだとさ…泣けるねえ。
やまかじ「この戦いが終わったは、私と結婚して。」
ウレタン「それは‥今は答えられない」
シスター藤井「やまかじさんが可愛そうだよ‥」
青森のひよこ「お前ら一昨日離婚したばっかだろ」
やまかじ「そのと〜り♪ww(竹本ピアノ)」

10 帆志
f:id:zmatome:20200425063039j:plain
いわずと知れた千葉勢の一人別名野獣岩
一見三鳳の良心に見えるけど
それは全部しゅらる君を騙すための演技。
だってそうでしょ、ことあるごとにオフ会でしゅらる君と岩が二人になることがあまにも多すぎるし
しゅらる君も、毎日メールが来て困ってるとも言ってた。
今回ばかりは流石にやりすぎだと思うんだよ。
ちなみに前回大会の優勝者(ここはマジ)
フリー育ちのヒップホップ育ちで
まぁ悪いやつもだいたい友達。
zkurt「うちの子に手を出さないでいただきたい」
帆志「しゅらる君は、自分の意思で生きてきたはずです」
zkurt「うちの子がそんなことするわけないでしょう」
帆志「あんた、もし本気でそう思ってるなら父親失格だね。親がね、親が1番子供理解できてると思い込みたいだけなんだよ。家にいるその子だけが、その子の全てではない」
大和桜「いうねえ〜」
しめじん「おまえは良いところでイチイチちゃかすなww」
zkurt「ベススライムは赤い」

11 なまけものくん
f:id:zmatome:20200425063717j:plain
異世界で出会ったお母さんの友達。
淡泊で物静かで口数がわりと少ないけど
別に冷たいわけじゃなくて本当は凄い優しいし、いつも俺のくだらないトークを正面から完全にぶった切る突っ込みのあるキレを持ってる
ガキの頃にはまったロックマンエグゼ3のシークレットエリアで
バグピーストレーダーの前でセーブして良いのが出なかったらリセットしていたが
オートセーブであることをその5年後に知り謎の徒労を患っていたことになった。
ちなみに麻雀は雀聖。話しててわかるくらい余裕で強い
たまに配布検討をするんだけど
この前は一人の視点をとんぱつからオーラスまで見るのに何故か4時間くらいかかって頭が痛くなった。
天鳳がちでやったら余裕のよよよで一瞬で三鳳くるよ。
何度も一緒に住もうといってるのにいまだに許可してくれないんですが誰かなんとかしてもらえませんかね?
もう流石に待てません。

宜しくです♪「エグゼあるあるw」
お母さん「ってかバグのかけら減ってるのに気づかないのか‥」
elulu「だいたい一定のボスと連戦しまくる作業は誰もが通るね」
野々宮藍「ソノトーリッwww」
elulu「竹本ピアノどんだけ好きなんだよ」

12 f:id:zmatome:20200425064636j:plain
日本六丸異常集団連盟の会員。
まめくんのツイートを一日22時間見ている。
もともとヨンマにもかなり精通しているようで、公式に麻雀の選手としても活躍をしている。
その実績はかなりのもので、しょっちゅう目録や金一封を持った写真のツイートを見る。
雀風は副露手数+放銃回避型というめちゃくちゃめんどくさい相手
但し作り上げた好形をきめきる運量が無く
謎の愚形に負けまくっているため
全体的に運がゴミカスなのでそこは救い。

新世界より「ラーメンとかスープ作るときに、たまに底面に粉末とか素がごっそり残ってて濃くなることあるじゃん?」
メビウス「ありますね、それがどうしたの?」
新世界より「いや、それだけ」
メビウス「それゃねーだろおい。言っていいことと悪いことがあるだろうが」
青森のひよこ「まぁまぁ二人とも落ち着いて」
メビ、新世界「おまえは引っ込んでろゴミ💢」
青森「は?表出ろテメーラ」
秋田のひよこ「やめないか、御膳の前だぞ」
お知らせ「御前だろ‥漢字弱すぎだろ‥」

13 しゅらるf:id:zmatome:20200425065816j:plain
誰もが認める現役最強クラスの三鳳民
昔の守備派から一転してバランス→やや攻めも強めへと
独自の成長を成し遂げた圧倒的成長ガターの一人。
最初の3000戦あたりを抜くと多分5本指くらいに入る安定段位な気がする
前回大会ではオーラスに役満をあがり奇跡を起こすも
わずな点棒差に泣くこととなった事があった。
かき氷「強いっすよねえ」
北風ダンゴ「あれだけ数字の変化があると、かなり試行錯誤されたはずですよ」
おいしいみかん「地頭良いですからね」
zkurt「おまえにしゅらるの何がわかるんだよ」

14 夜の大三元f:id:zmatome:20200425071247j:plain
話したことがあまりないけど 
純粋にサンマを楽しんでるように見える
こういう人をみるとお願いだから有田さんのような異星人や僕のような知的障害、青森のような責任感のない人間になってほしくないなと思うんですよね
そういう意味では、天鳳って多分七段くらいでボコボコにされて
くだらねーこんなもん。でやめるのが本当は多分幸せだ。
なまじ九段とか十段までいくと
もう止まらなくなるんだよなこれw
しゅらるとアルニカ相手はかなりきついけど空から応援してる
Cre.C「おまえは俺の二人の児の一人、やれる。負けるな」
ネオ○ックス「え、ワイ兄弟いたんか」
cre.c「おまえも俺の子」
ネオ○ックス「奥さんだれ?」
cre.c「NEGITS」
一同「ドッ」

15 京都のひよこf:id:zmatome:20200425073556j:plain
もうかれこれ何年だ‥6年くらいの付き合いになるのかな‥天鳳やる前に僕らは天極ハイっていうアプリでクソリプに磨きをかける修行をしてて
他アプリ、特に天鳳民から散々雑魚雑魚呼ばれ続けてきたw
でアプデで壊滅して移民したんだけど
以外にも天極ハイの一部はそれなりに通用したらしく
僕もあるにかも特上を、ものともせず軽く突破したんだっけな。
多分この人がずっと特上で打てる気力と時間があれば かなり良い場所までいくと思ってる。
ONOFF「やつをはじめ、Mureo、きくらげ、川村軍団落ち武者、記号、コイツラが殺してきた三特民の被害者数はとんでもない」
しまのさる「鳳凰打てよマジで💢」
英雄騎士ワタル「550円くらいはらえよ💢」
大川「頼むから下界してこないで、帰ってどうぞ」

16 水銀燈 f:id:zmatome:20200425151939j:plain
一週間前に知り合いになった四鳳の民
チョコレート工場で、masの同期として生ゴミの処理の仕事をしていて、masのやり方について行けなかった事をきっかけに
今は自営業でマグカップで世界征服をたくらんでる。
少し話した感じ、とにかく麻雀が生活の一部になってる模様。麻雀の会話をすると多分一生止まらない。
お母さん「俺がおまえの本当の父さんなんだよ」
水銀燈「えっ!?」
お母さん「笑うときに少し頬が上がる癖‥好きな色‥歯を磨く時に歯磨き粉をつける癖‥きづかなかった?」
水銀燈「父さん‥父さん」
お母さん「泣いていい‥俺の胸でよければ泣いていいんだよ」
水銀燈「僕が一人になってしまう、だからあのとき‥言い出せなかったの?」
お母さん「ばかな親父を許せ、子供にはなんの罪もない」
水銀燈「OMISOーーーーっ!!!!!!」
こうしてまたお味噌は犠牲になってしまった。
俺はおまえを、守りぬかなきゃいけないんだよ。
だからここで死ぬな…必ず生きて帰ってこい、最初で最後のお父さんとの約束だ‥
水銀燈「ーーーーっお母さん!!!!(父さん)」
こうして同時に二人の父親をなくしたが
水銀燈は今日も元気に生きてます


17トキ雀狂人戦代表
f:id:zmatome:20200425153311j:plain
まず名前が長いww前回どうしても気になったので
税「トキジャンキョウジンセンダイヒョウ、なのか、きめんどうし」なのかどっちか聞いたら
トキ「いえ、例えば君が傷ついて挫けそうになったときは、と読みます、当て字なんですけどね」
税「いやそれは流石に無理があるって」
トキ「いま、なんて?」
このときのトキさんの顔忘れない、めっちゃ怖かった。
三鳳の中ではやや参加率の少ない麻雀で、絶妙な独自のバランスで十段までかけあがった。
九段残り数百ptまで追い詰められるも、持ち前の雀力とメンタルで粘りに粘りあげ十段を達成したのは私の記憶には新しい。 
岩「トキって、北斗の拳みたいだね」
税「いやそれいがないなくない?」
calc.「税さんの言うとおりだね」
岩「俺がおかしいっていいたいのか💢」
目を合わせて困ったねのサイン「calc.お母さん」
いつものいいがかりにトキさんも呆れてました(ホトトギス)

18鳴き麻雀
f:id:zmatome:20200425182058j:plain
「高校生九段」なんてかっこいい響きなんだろうね。
けど先に言っておくと、多分高校生で九段になったことを10年後に後悔するぜ‥天鳳ってマジでとんでもないゲーム。
とまぁそんな話は置いといて
確変でも実力でもなんでもいいけど、じゃあ他に高校生九段がいるか?っていうとやっぱりあんまりいない。
それだけ続けられる人がそもそも少ないんだよね。

トキキョウジンセンダイヒョウトリシマヤクカブシキガイシャ「センスあるよ、鳴き麻、お前セイガクノ柱になれ」
鳴き麻「麻雀は、憎しみをぶつける道具じゃない、そしてその一枚、もう僕の河には届かないよ‥」
mizm「みずまともうします」
税「マイジマかと思ってたのおれだけ‥!?」

19人生常に単騎待ち
f:id:zmatome:20200425193604j:plain
ダイセン、通称「ダイ」スターマインの実の息子で
関西のオフにも関東のオフにもブラジルのオフにも何故か必ずいるオフマスター
2020/02/07
千葉県松戸で行われたラーメン麻雀オフの際
もりもりおにぎり4麻九段
緑茶三麻永世十段と同卓
途中、幾度となく聞こえるもりもりおにぎりの悲鳴「ダイ強えええ‥ダイほんとやべえ‥」
うわー高段相手によく凌いでるなと
ふとスコアボードをみたらダイが3タテくらってた。
スターマインの実の息子。
大和桜「それは草」
行政代執行免許取消参謀長官「大和桜さん出すぎじゃない?」
税「大和桜の麻雀は本当にむかつく、どこからでもトップ狙おうとするのがずうずうしくて腹立つ💢」
大和桜「トップありですw」


20 GERWEN
f:id:zmatome:20200425193625j:plain
みーみる。あったことある人は分かるけど
180前後の身長にスラっとした体型に整いきった顔
はじめてあった時「本当に麻雀打ち??クラブのバーテンとかにいそうだけど」と思った。
六丸教の中ではかなりのマトモ派だが
何故か麻雀をやるのに毎回テキーラをもってくるからやっぱまともじゃないなw
いつだったか分からんけど
卓の上で反袖の緑茶さんがうつむいてる写真と
ろまちゃんが椅子でぐったりしてる写真みて恐ろしいと思ったわ‥

21 愛媛のみかん
f:id:zmatome:20200425193702j:plain
なんだっけ、九段昇段後0-4-11かなんか引いて多分三鳳世界最速の後段をマークした伝説の打ち手。
みゃーぶれいくの友人。
今はサブ垢として特上でのダラダラ生活を送っているが
鳳凰卓にくるのは普通に時間の問題だろう。
なまけものくん「0-4-11はきついですね」
税「なもけものくんさん、俺と一緒に住まない?」
なまけものくん「結構です」
mas「0-4-11‥」
愛媛のみかん「負けたことがあるということがいつか財産になる」

22 SG二留
f:id:zmatome:20200425194133j:plain
はい、毎度おなじみ三麻民。
ここ2年くらいでオフやりまくって何度も一緒に布団を共にしてる仲w
現役当時は「九段R2400芸人」として活躍をし、パックマンを繰り返していたが惜しくも十昇戦で
岩にラスを引かされそこから後段。
苦い想いを胸に打ち続けるもいつのまにか九段R2400アカが3つというわけのわからない事になった。
あきにゃん「ズカチャンのツモのモーション好き」
ラララコッペパン「きれいだよね、全てが」
zkurt「ありがとう、でも俺には大和桜がいるから」
大和桜「何回出てくんだよ」
新世界の紙「出すぎ」

23 強い方の藤井さん
f:id:zmatome:20200425194624j:plain
弱い方の藤井さんっているのかな?
三麻界隈のmdsに並ぶ癒やし系マイナスイオンキャラ。
ほとんど話したことはないんだけど
ささやんが凄いオススメしてくるってことはきっと良い人なんだろう。
けどネットじゃわからないので直接あって自己紹介をしてもらいたい。
藤井「抱きしめたいという言葉の、意味とは裏腹に。不安や悲しさを君に押し付けようとしてたのかな」
スターマイン「どしたの急に」
藤井さん「スターマインさん、一緒に住もう。」
スターマイン「いいよ」
藤井さん「大草wwww」
来月二人は籍を入れます。(流石に冗談)

24 こち
f:id:zmatome:20200425195051j:plain
こち、って東風からきてるのかな?
僕が以前会いに行った龍磨の小倉君の同僚。
話だけ聞くと爽やかでイケメンで麻雀が強いという。
どんなパーフェクト超人だよ、キン肉マンにでも出演しろよw
龍磨君っていう新橋にあるサンマの龍磨君というお店で
お仕事されてることもあるとかなんとか。かなりの爆弾ルールなので行く人は2000万くらいもってなきゃ死ぬよ 実際僕も大和桜と二人で行って600万いかれたからね。
税「こちくん、はじめまして」
こち「どもっす!!」
税「俺のことどう思う?」
こち「気持ち悪いおもうww」
藤間「正直なやつだw今すぐうちにこい」
こち「もういますよ(後ろからヌッ)」
藤間「ヒエっ‥」
こち「包丁をもってダッシュ!すぐ楽にしてやるよww」
藤間「ワイルドだねぇ!?グササッ(昇天)」

25北岡まつたけ
f:id:zmatome:20200425195601j:plain
1番喧嘩売っちゃいけない天鳳三麻民で
尚かつリアルの麻雀のマナーが史上最低でワロタ
今でも思い出すのが
お母さん お知らせさん まつたけ
でリアルサンマしてるときに
あのお知らせさんに
「それ‥ロン!!!!8000」とタメロン+わけのわからない倒ハイ煽りしたときは
お知らせさんブチ切れる!?と恐る恐る顔を見たら
やっぱりあのアイコンのような無表情で点数だけが既に置いてあった
んでその日の飲み会で負けたら酒飲め的なものをやってて
自分に都合が悪くなったら
「俺は今お知らせ天鳳位と話してる」という無茶苦茶な理由でお知らせさんをダシにするんだからマジで隙が無いw
けどその反面
お知らせさんの昇天祝のケーキを用意するなど
人間らしい部分もあって、なんだか掴めないんだよね笑

26 くまろま
f:id:zmatome:20200425200100j:plain
みーみる、まつたけ、まめ繋がりのサンマ民
もともとMJ側で打数を重ねてたのかな。
ロマちゃんという愛称で呼ばれていて
初対面でも普通に溶け込めるような人柄
で、見た目はただのお兄さんなんだけど
「字がめちゃくちゃ綺麗」
見たい人はぜひ本人に相談してください
ちょり「見せて」
ろま「一文字20000円なww」
ちょり「いいよ」
ろま「え!?!?」
水銀燈ローゼンメイデンのキャラです」
エイトリベリット「割り込みで無関係は流石に森」

27アウトおかわり君
f:id:zmatome:20200425200531j:plain
話したことはほとんどないんだけど
雀荘のメンバーさんなのかな?という勝手なイメージ!
よんまさんまどちらも討つハイブリッターっぽく見えるが 若干さんま寄りなのかな?
さんま民というだけで無条件で愛してます。
ん?いや待てよ
f:id:zmatome:20200425201009p:plain
やべえ分かってる‥完全に分かってるじゃねえかこのやろうww
けどねごめん、俺がzkurtをおもう気持ちだけは絶対に負けねえよ。
だからおかわり、俺とおまえさんで二人でzkurtを守らない?
俺とお前ならやれる。約束な、死ぬんじゃねえぞ。

突発 柊茉莉
f:id:zmatome:20200425201213j:plain
うーんと、くそ強いw
好きな食べ物は米沢牛
顔と声がめっちゃかっこいいが
イビキのうるささは優勝
前にあきにゃんと茉莉がうちに泊まったときの朝
俺が起きた理由が茉莉のイビキっていうww
どんなに不運でも続けることをやめないし
学ぼうと来る姿勢、座学、観戦、うち手としての情熱
どれも俺はすごく尊敬してる。
とくにうち手としての情熱。
結構ねつ続行をするタイプなんだけど
俺もそういうタイプだからよくわかるんだよね。
二人で出した結論は「メンタルが弱いからこそ鬼打ちをしてしまう」ということ。
クソ分かるはこれ。

遠藤さんf:id:zmatome:20200425201601j:plain
俺の大切な人。
麻雀にとって、何が醍醐味であり、何が各々の正解なのか、何を思うのか
そういう言葉にするのが難しい部分を
柔らかく伝えるのが上手な人。
最初にあったのが2017の8/26なんだけど、俺は最初にこの人に会ったとき「懐かしい匂い‥」といって泣きながら抱きついてしまったんだよね
そしたらこの人はその両手俺をつつみこみ
「おやおや…おかしな子だねぇ」まるでちびまる子のひでGのように俺を撫でてくれたんだ。
ありがとう遠藤さん、俺は今日もあなたのおかげで
誰かに優しくすることができたよ。

zkurtf:id:zmatome:20200425201853j:plain
来ましたzkurtです。
もうあえていいませんが確実に俺の父親です。
2017/08/26俺の全てが変わった、人生を変えるような1日だった。
あーだめだ、こうやってzkurtのことを考えるだけで本当に涙が出てくる
俺が子供の頃に山で捨てられていたとき
あのときもしzkurtが朝のジョギングをしていなかったら
俺はもうすでにこの世にはいないだろう。
zkurtに言われた言葉の中に、たまに思い出すものがある。
俺はzkurtのことを尊敬してると伝えたときに 
それはそれでありがたい事だ
けど、いつかは「尊敬される側」になってほしい。
と。
俺は泣いた。ロボロボ泣いたよ。
こんな大切な事を教えてくれる人 
こんなに輝く麻雀を打つ人 
こんなに焼き魚が好きな人
俺はあったことがなかった。
俺はずっと尊敬してる。
死ぬまでずっと尊敬する予定。
風呂で語り合った日々も、俺は忘れない。
例えzkurtが事故にあって後遺症を患って
もしも俺のことを忘れてしまっても
手を握り、俺が教えてもらった大切な一つ一つを
今度は俺が伝えるよ。

ってか質問ってなんだよおおおおおおおおこええええよおおおおおおお
以上です、対戦宜しくお願いします。

4/26(日曜) 三麻大会

f:id:zmatome:20200423132557j:plain
こんにちは
先日NEGITS昇天戦でトリプルをツモったゼイ・ミタダメ・オカアサン・フジマ・ジバイセキ・キセイ・ユウコです。お久しぶりです。

コロナがえぐすぎてセットどころじゃないので
天鳳で大会でもやるかって事になったんで
もし、万が一興味のある人が一定数以上いれば
開催しようって事になりました。

天鳳3人麻雀大会 
ルール  天鳳3麻
大会名  募集中
開催日付  4/26(日曜)
時間    21:00〜
予定人数  24(状況により増減)
参加条件 天鳳アカウント4麻3麻いずれかが三段以上

①医療タイプの高繊細の青マスク50枚(配送料無料、住所バレたくない人はやめたほうがいい)

②有効期限30日(入れるアカウントはなんでも良し) 

ウェブマネー2000(10連ガチャできないけど許して)

果汁グミ30袋(住ばれ奴は辞め推奨)

果汁グミ20袋(住奴辞推)

優勝、準優勝、3位の方にどれか1つ贈呈(それぞれ在庫1ずつ)

概要
1st
天鳳三麻東風を3戦し
順位点+素点で競うものとする。
順位点 1位50pt 2位30 3位20pt 


一戦目
Aさん60,000 Bさん30,000 Cさん15,000

Aさん(50+素点+25000点=75pt)
Bさん(30+素点−5000=25pt)
Cさん(20pt+素点−20000 点=0pt)

ニ戦目
Aさん21,500 Bさん22,700 Cさん60,800

Aさん(20+素点−13500点=6,5pt)
Bさん(30 +素点−12300点=17.7pt)
Cさん(50+素点25800点=75.8pt) 

三戦目
Aさん22,000 Bさん48,300 Cさん34,700

Aさん(20+素点−13000点=7pt)
Bさん(50+素点+13300点=63.3pt)
Cさん(30+素点−300点=29.7pt)

Aさん 75+6.5+7pt=88.5pt   卓3位
Bさん 25+17.7+63.3=106pt  卓1位
Cさん 0+75.8+29.7=105.5pt  卓2位

各卓スコア1位→次戦進出(8人進出) 
各卓スコア3位→敗退※全卓のスコア最下位の者は次戦へ(1人進出)
各卓スコア2位→全体のスコア2位8名の中でもっともスコアの低い2名は敗退(6人進出)

これで24→15人へ


2st

鳳三麻東風1回+半荘1回
順位点+素点で競うものとする。
順位点 
東風1位50pt 2位30pt 3位20pt
半荘1位70pt 2位50pt 3位35pt 
 

一戦目(東)
Aさん50,000 Bさん30,000 Cさん25,000

Aさん(50+素点+15000点=65pt)
Bさん(30+素点−5000=25pt)
Cさん(20+素点−10000 点=10pt)

ニ戦目(半)
Aさん11,500 Bさん12,700 Cさん80,800

Aさん(35+素点−23500点=11.5pt)
Bさん(50+素点−22300点=27.7pt)
Cさん(70+素点45800点=115.8pt)

Aさん 65+11.5=76.5pt
Bさん 25+27.7=52.7pt
Cさん 10+115.8=125.8pt

各卓スコア1位→次戦進出(5人進出) 
各卓スコア3位→敗退※全卓のスコア最下位の者は次戦へ(1人進出)
各卓スコア2位→全体のスコア2位8名の中でもっともスコアの低い2名は敗退(3人進出)

これで15→9へ

3st
天鳳三麻東風1回+半荘2回
順位点+素点で競うものとする。
順位点 
東風1位50pt 2位30pt 3位20pt
半荘1位70pt 2位50pt 3位35pt 


一戦目(東)
Aさん60,000 Bさん30,000 Cさん15,000

Aさん(70+素点+25000点=95pt)
Bさん(50+素点−5000=45pt)
Cさん(35pt+素点−20000 点=15pt)

ニ戦目(半)
Aさん11,500 Bさん12,700 Cさん80,800

Aさん(35+素点−23500点=11.5pt)
Bさん(50+素点−22300点=27.7pt)
Cさん(70+素点45800点=115.8pt)

三戦目(半)
Aさん29,500 Bさん48,000 Cさん27,500

Aさん(50+素点−5500)
Aさん 95+11.5=106.5pt
Bさん 45+27.7=72.7pt
Cさん 15+115.8=130.8pt

各卓スコア1位→次戦進出
各卓スコア3位→敗退
各卓スコア2位→→敗退

これで9→3へ



決勝
天鳳三麻半荘で、トップを3本先取した人が優勝
  

参加希望の方は何らかの形で一声いただければOKです。
宜しくお願いします。

16秒

こんにちは、税です。
f:id:zmatome:20200331223519j:plain
ブログについて
前のように沢山書けることが無いだろうと思い
なくなく、非公開設定にしました。

読んだことない人がこんなブログを見つけて
何だこれ?とペラペラと昔のサンマ事情が連連とかさねてある記事を見て
へえ、昔はこんなことがあったのか。という未来と引き換えに
更新されたかどうかワクワクしながら見に来てくれる人が1人でもいる以上
その1人に申し訳なさすぎるので、一旦そのように設定をしました。

また明日には非公開になろうものです。
宜しくお願いします。
それとこんなブログを楽しみに、楽しく読んでくれた方々には本当に感謝しています。


今回はちょっと久しぶりに実践について。
先日対局したとある一局で、何人かの方から興味をいただいたようなので
私が考えたこと、お話しようと思います。
初めにお伝えしておきますが、言わずもがな
考え方は千差万別なので、理解され難い部分もあるでしょうから
正解不正解を一度忘れ、単純に私が何を考えたのかだけを見ていただけると幸いです。

f:id:zmatome:20200331124916p:plain
突然の地和チャンスが訪れました。
この時考えることはまず1つです。
「つもれつもれつもれつもれつもれ‥‥‥つもってよ!!!!!」
念じることで通ずる部分があります。
余計なことは何も考えずにただ目の前の役満の成就率をしっかり上げるべきだと思います。

















































とはいきません。
念じて変わるものがあるほど楽な世界ではないですからね。
まず、こうなる前に何を思ったかという事からです。
f:id:zmatome:20200331205623p:plain
『2秒』親の打2s完了までのおよその時間です
この時に考えていた事は9sが1巡目で出たときにあがるかどうか?でしたが
原則として
大トップ目ほど局消化の価値は高く
僅差ほど打点の価値が高い
つまり本局においては前者を後押しする場面であると判断し、
あまり迷わずに地和に限らず全てあがるつもりという思考に割きました。次へ

f:id:zmatome:20200331210054p:plain
『2秒』南家の打1m完了までのおよその時間です
この時に考えていた事はダブリーをするかしないかです。
如何にダブリーが偉いとはいえど、たった数順で親に殺される未来もあるので
あまり前向きにダブリーをする予定もなく、かといってリーチもありなのか?字単騎などなら曲げか?など
この2秒では結論が出ずに迷いを残したまま
そんなことを考えていました。
そして
f:id:zmatome:20200331210452p:plain
『8秒』私がそれに判断するまでにかかった時間です
考えたことはシンプルに
『1秒』①リーチ判断 
『7秒』②待ち取り
2つだけではありますが、それぞれの選択を自分なりに論理的に、立体的に考えた結果たどり着いた答えが
f:id:zmatome:20200331210852p:plain
リーチ判断に関しては今回はわりと迷いが無く打てました。
他家視点からすると、ややラス争い模様であり
お互いに手格好の悪いところからの失点は避けたい所。
もともと、ダブリーは受ける側として
それなりの手形でないと受けに周るケースが頻出することにくわえ
今回は点数状況的にもリーチすることで両者を抑えられる最大のメリットを存分に活用すべきだと判断しました。

続いて待ち取りですが
単純に考えると、相手の使いにくさ+降りやすさ
で話をすると、中と9sでは中待ちに若干の利があるように思い
また、押し返しを受けたときにも同じく
押し返しプランのある家から9sが出るケースと
押し返しプランのある家から中か出るケースでは
メンツ構成が難しい分、やはり中待ちの方が幾らかの勝算があるように思いました。








ここで
上の文章を呼んで、明らかに不自然な点が2つ存在していることにあなたはお気づきでしょうか?























































1つは、南家の打牌完了までは「リーチ判断に迷いがあった」のに
自分が中を引いたときには「迷いが無くなっていた」という部分です。


もう1つは「16秒」なのに「12秒」の工程しか書かれていないということ。
これらが示すもの、勘がいい方はお気づきかもしれませんが
残りの「4秒」は1mにかかったラグです。

そもそもの前提として
東家と南家は古くからの三鳳を嗜む者で、最高段位も九段十段と強豪であることは打つ前から分かっていることでした。
そんな彼らが、余計な情報を出す鳴きなしをオフにしないということもある程度把握してるつもりではいます。
つまり、この親の1mのラグは「別の鳴きたい何かがある」という推理の仮説はいくらか現実味がある状況だったと
私の中では結論づけました。
初順からのクイタン狙い泣き無しはめちゃくちゃレアケースなのでまずはそれを無いものとすると
一番多いのは役牌ということになります。
東白発中。いずれかが親に対子で入っている可能性が高いと思いました。

次にその情報を反映させたのはリーチ判断の基準です。
上にも書いたように、局消化の伴わない親の追っかけほど寒いものはないのですが
1m対子+役字対子仮説をなぞらえると
ストレートな押し返しの割合がグッと下がるとふみました。
つまり、私がここでリーチをすると
親はまず1m1mで迂回をし、あわよくば更に回って役字対子を落とすことまである
つまりこのあとの親の河は
2s1m1m字字、となる可能性が大いにある。
そう考えました。
4.5巡目の字字までは信用できませんが、1m1mと出てくることはわりと現実的な未来だと思います。
点数も、結構なリードではありますが全くセーフティラインでもないので6400〜の打点もかなり魅力的であり
子供に押し返される未来はありますが、リスクの上で判断しました。
予想外の親に押し返されてしまっても、それは考えた結果なのでそれもまた仕方ないと思えます。

それを受けたまち取について。
こうなると、親の河の3巡目までは1mしか出て来ず
南家がどう対応するかということになります。
しかし南家の動向は何1つ不確定であるため、まち取りにかなり時間を割きました。
未だにどっちが良いかは分かりませんが
あえてこう言わせていただくと「69s」の方を選択しました。
相手がこれだけ打ちなれてる三鳳民だと守備力も相当であり
勿論出るときは出ますが、受けに回ったときの彼らからは
現物、字対子以上、強筋(4に対する1.6に対する9)
のような、極めて放銃率が低いものくらいしか打ってはくれないでしょう。
親の字の対子落としも想定に入れてますが、それが中である確率は1/4程度であり、仮設がずれてる事さえあるので
その字を狙うという考えはありません。
脇がゼンツするならば中待ち、脇がかなり降り気味になるなら9sと考えを巡らせ
結局、南家の手は不明ではありますが
下の団子の関係上、余程の手じゃない限りは下がり気味に打ってくれる方にかけて9sまちにしました。
ちなみに、今回は手中に6sの対子が無いということも、9sまちを後押しした微妙ですが個人的には大切な理由の1つです。
ちなみにもし、親が打1mでラグ、南家か打2sと
逆の景色であれば
リーチを打てば南家は下がり気味になるので
親の手なりの押し返しプランに照準を合わせた中待ちにしていたと思われます。

数巡後
f:id:zmatome:20200331214456p:plain
変な話、あがれない方を引きましたが
単騎待ちであるならば、全ての単騎の危険度が「中以上の牌」
と認識されることが多いため、この瞬間9sのあがり率はグッと上がったと私は思いました。
こうなったときの9sの強さは並ならないと思います。
ダブリーに意図は介在しにくいといいますが
ダブリーに意図が介在する事も確かにあると思った1枚でした。
結果として、親の手に字字はなく
恐らく初旬の鳴きなし解除漏れだったのかと思います。(もしかしたら意図的かもしれませんが)
このように、読みがずれることが早速起きてるので
勝手読みは注意が必要ですが
読みを入れずにボケ〜っと字牌だからというだけの理由で曲げるのは、私はあまり好きではないようです。
凄い偶然なんですが、この記事をタイムリーで見たあとの
単機に対して色々と考えていた直後の対局でした。
https://note.com/starmine_mj/n/nf059bb36cfcf
冒頭で申しましたが重ね重ね、異論もあるかと思いますが
一思考と受け止めてくださるとありがたいです。
以上です、ご精読ありがとうございます。

幸村千絵里(きゃべつソフト)

こんにちは、お母さんです。
f:id:zmatome:20200313132944j:plain

しずく「そろそろ麻雀の記事書いたら?」

お母さん「そうだね、需要の有る無しは抜きにして、たまには麻雀の事を書かないと変な人だと思われるよ」

しずく「いえ、もうすでに‥」

お母さん「どういう意味だ💢説明会を開け💢」

しずく「すいません‥それと、夜の九時以降は食事を控えている」

お母さん「待ちなよ、今終わらせようとしなかった?」 

しずく「え‥?」

お母さん「すぐ楽にしてやるよwww(包丁を持ってダッシュ)」ザクッ

しずく「うっ‥ぐ‥ぐ‥」

お母さん「しずく!!‥しずく‥!?」

しずく「俺はもうだめだ‥せめておまえだけは‥」

お母さん「え‥え!?しずく!!死なないで!!しずく‥しずくーっっっっ!!!!!」

しずく「約束、マモレナクテゴメンネ」

これがお母さんの復讐劇の始まりでした。

しずくの命を奪ったやつは絶対に許さない‥

しずくは生前から穏やかな人だった。
そう、あの事件が起きるまではね。

ネオソックスの前にCrecがあらわれて、しずくは一人になってしまった。
大切な友人を無くし、放心する毎日にどこかモヤモヤを感じていた。
お母さん「あなたが、しずく?」
現れたのはお母さんだった。
しずく「いかにも、拙者はしずくと申す。そなたは?」
お母さん「たこにも、私はお母さんと申す。冬の?」
しずく「わけわかんなくて草、今ここでおまえを倒すことが、全ての理かな?悪いけど死んでもらう」
お母さん「俺は絶対に死なない‥例えこれされても‥幸村だけは‥俺の息子にだけは絶対に手を出させない。子供を守ることが親の努めだから」
しずく「死ねええええええ」
お母さん「うぐぐぐぐぐぐ」

次回麻雀記事、「最序盤の構想について」です。

気持ち

こんにちは、お母さんです。

最近はというと、空いた時間をかなり天鳳に費やしています。
打数も自分にしては珍しく既にトータルで150近く打つ程に。
楽しい。あんまり沢山勝てないけど、やっぱり楽しいよ‥

伝えたい事は山程あるけど、今日はそのセクションの中でも
俺が常に持っている思いを聞いてもらうとするよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
良い事も悪い事も‥

やりたいこともやりたくい事も‥

嬉しかった事も傷ついた事も

「その瞬間の気持」をいつも大切にしたいというと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺の実の両親は俺が子供の頃に共々亡くなった。
齢45といったところだった。

織田信長がかつて残した
「人間50年」などという現代の日本では到底理解されない理念と同じ年だ。
若くに2人を亡くし、子供ながらに失意という意味を理解しなければならなかった。
「若いのに、辛かったねえ」
「大変だったね、苦しかったよね」
「幼少期に親が死ぬ」というのは、やはり傍から見たらこういうものだった。

放たれるその言葉の中には、まるで見えるかのような色濃い白と黒の哀れみ。
それ以外の他意など、きっとない事も子供ながらに理解していた。

子供の割に、俺はかなりドライだった気がする。
残った親戚の話によると
当時、俺は涙1つ流さなかったらしい。
親に愛されなかったからではない、むしろ生前の全ての無償の愛を
両親は俺に捧げてくれていた。
その愛によって、
今日現在、俺は道を踏み外すことなく曲がることなく生き抜くことができたと言っても良いだろう。
天鳳に会ってしまったことを除く)
当時両親の死に直面し、失意の中で今でも記憶に残っている気持ちが1つだけある。


それが「その瞬間の気持ち」だ。


親の死は、ほとんどの人間が父親母親あわせると2回経験することが多い。
そしてその瞬間というのは形的に見れば
悲しみ、苦しみ、哀れみ、儚さ、無情
こうして並べると、取り留めがないほどに。
けど違うんだ。確かに上の言葉の数々は適当ではあるんだが
俺は人生で1.2回しかないその瞬間の思いを大切にしようと思った。
むしろいっそ、そんなに悪いものじゃないのだ、と。
哀愁に包まれた感情も全て逆転させた。
無理をしてるわけではない、無駄にすることだけはしたくなかった。
だから俺はその事実を
慈しみ、愛で、尊さ、と一緒に向き合うことにした。
それがきっと俺にできる最後の尊厳だと言い聞かせていたのだろう。
死ほど悲しい事はこの世にはない、あってはいけない。
けど、死んでしまうからこそ美しいものもある。
儚さの中に、輝いて見えるものも確かにあるのだ。

小泉首相みたいなこというけど
親が亡くなったときの気持ちは、親が亡くなった時じゃないとわからないんだ。
だからそう、マイナスをマイナスのままインプットするんじゃなくて
そのマイナスにも必ず意味がある。
一世一代の勝負に負けてしまったなら
その辛酸を忘れないこと
大切な人がいなくなってしまったら
その悲しさを忘れないこと
好きなものができなくなってしまったら
その楽しかったことを忘れないこと
全部、全部自分次第。

そしたらきっと最後は
自分自身を愛せると思う。

真実

俺の父親はzkurtだと思っていた。
ずっと、この4年間。その思いだけが 何度も俺を救っていた。

けど、全て俺の誤解だったんだ。

何故そう思ったのかというと年齢。
仮にzkurtが36だとしたら、十の時に俺を産んだ計算になる。
が、日本保健機構健康所に連絡をしたところ

そのような履歴は無かったのだ。
お母さん「ねえzkurt、本当のことを教えてくれよ‥」
zkurt「‥‥」

一向に口を開こうとしないzkurtに、こう問いかけた
「遠藤さん」
それを聞いた瞬間、zkurtは激しく動揺した。
お母さん「遠藤さん、遠藤さんがお父さんなんだね」

zkurt「今まで黙っていて悪かった。そう、遠藤さんがおまえのお母さんなんだ」

お母さん「どうしてだまっていたんだ‥」

zkurt「おまえが、一人にならないように。」

お母さん「無謀と勇敢は別物だぜ?」

zkurt「レストランはフランス語で「回復」」

ごまかし続けるzkurtに、俺はとうとう怒りをぶちまけた。

お母さん「いい加減にしてくれ!!答えろ!zkurt」

zkurt「‥夢を、諦めてほしくなかったんだ」

遠藤

JUICE!!!

こんにちは、お母さんです。
f:id:zmatome:20200222145244j:plain
一昨日、小倉さんの204号室に行った帰り
麻雀が勝てなさ過ぎて、何故勝てないのか?を考えていた。
孤独の中に佇む俺を助けられるのは俺自身しかいない。
何を言ってるかよくわからないと思うが、気づいたら俺は















 
 




































ジュースを作っていた。


今日のメニューはこちらです!
f:id:zmatome:20200222142342j:plain
はい、ほうれん草、リンゴ、キウイ、ですね。
いわずもがな、これらの食品に含まれた栄養素はとてつもなく
披露緩和、不眠脱却、血行促進、運気上昇などなど
4文字熟語がよどみなくチャージできる
絵に書いたようなJHE・健康だ。
f:id:zmatome:20200222142919j:plain
相方はコチラ
シャープ製低速スロージューサー
「ECJP1」だ。
そもそも、ミキサーとジューサーって、似てるような物だけど、意外と違うんだよね。
簡単にいうと
ミキサー→固形物が残ってる、のど越しが、ドロっとしてる
ジューサー→絶対に教えない。
って感じ。

で、そのジューサーにも近年は色んな種類があって
「低速」と「高速」があるんだよね。
高速のほうが価格がリーズナブルで、各家庭で採用されることも多い
低速はというと、基本的に高い。
メーカー品だとだいたい25,000円くらいするかな。
趣味趣向がかなり強いので
家族会議の商品購入決議案の稟議では間違いなく足切りを食らう一品なので、買われること自体があまり無いだろう。

機能はというと
低速の方が圧倒的に栄養素を採れる。この1点。
食品を高速ですりつぶすと繊維ごと逝くんだけど
低速ですりつぶすと、繊維を生きたまま
限りなく水分状に近づけることができるんだよね。
で、なぜ俺がこれを買うことになったかというと

先日、OMISO-Sとデートしたときの話
お味噌「家電屋にいきたい」

お母さん「いいよ」

到着

雪村イキリ「らっしゃせらっしゃっせ、なんかお探しですか?」

お母さん「いえ、とくに‥」

お味噌「なんか面白いものあります?」

雪村イキリ「ソッスカ!じゃあイベント担当にカワリマスヨ!」

片言の日本人はそういって一人の男を連れてきた

mas「これが売れてるザmas」


お味噌「なにこれ?」

mas「ジューサーざmas。OーッHOHOHOHO〜」
お味噌「買います」
お母さん「お、お味噌!待てよ‥そんなことしたら、、おまえが‥おまえが!!」
お味噌「俺のことはいいから、おまえだけは幸せになってほしい」
お母さん「お味噌ーーーーーーっ!!!!」
こうして、お味噌は消えてしまったのだ。
俺は絶対にお味噌のことは忘れないし
お味噌を消した大和桜のことを許すことだけはできないだろう。

f:id:zmatome:20200222144424j:plain
片側から水分、片側から食材残りが出るようになってる
f:id:zmatome:20200222144502j:plain
リンゴ3個、キウイフルーツ3個、ほうれんそう200g
取れた量は僅か750ml‥高え‥
f:id:zmatome:20200222144544j:plain
グリーンティーかよw
f:id:zmatome:20200222144628j:plain
野菜生活のボトルに移し変えれて終わり。

麻雀とジュース作りは似ている。
今さ、麻雀勝てないとか、麻雀わかんねえとかいってるやつら
まずジュースを作ってみ。
自分がどれだけ無知で、どれだけの事に気づいてなかったがよくわかるから。
自分の中の当り前を少しずつ無くさないと、とても麻雀なんて強くなれないんだよ。
そうしてフラットな心を作る。その心が自分の麻雀の厚みを増す。焦っても怒っても
結局全部自分なんだよ。
けど、その弱い自分も、どうか許してやってほしい。

その後ジュースを呑み心を落ち着かせ、麻雀をうつ。

三特2223

2/12

今日も病院にいった。

俺には、こんなことくらいしかできない。

俺がいって何かが劇的に変わるわけでもない、そんなことも分かってる。

でもね、きっとそういうものじゃないんだよ。

そこにある感情は、「無償」であるからだ。

2/3お母さん後編「愛し、愛され」

f:id:zmatome:20200205214133j:plain
午後4時すぎ、俺は病院についた。
204の小倉さんと面会がしたい、とだけ伝えた。
意外にもあっさりと通り抜け、セキュリティ感0の受付を済まし
いざご対面。
そこには、ベッドに横たわる一人の青年がいた

お母さん「はじめまして‥お母さんです」
小倉「わざわざきていただいてありがとうございます」
こんな流れだったと思う。
たまたま同じタイミングで、小倉さんと働いている店のスタッフの方も面会に来ており
相席させてもらうことに。

流れた時間は3時間あまり。交わした言葉は数しれず。
失礼弐あたるかもわからないが
ここに至るまでの経緯を簡単に聞かせてもらった

①突然死にかけた
②原因不明で2ヶ月目を覚まさなかった
これだけでも十分すぎるインパクトを受けた。

何故天鳳をやっているのか?ときくと
小倉「僕が入院してる間、リハビリや暇つぶしになるだろうということで、店のオーナーが勧めてくれたんです。それが天鳳だったんです」

声には既に力は無かった。話すことも一つ労力だろうに、それを求めてしまった自分への嫌悪のすぐ側に
それでも聞きたいとおもう自分もいた。

小倉「その日から毎日毎日天鳳をしてますね笑」
ときおり見せる笑顔に、俺はホッとした。
生きる意味がそこにある事を、彼自身が理解しているんだろうと思った瞬間だったからだ。

俺が一番心を打たれてしまったのはここのくだりだった。
小倉「しばらく眠っていたものですから、記憶もそれなりに飛んでしまいました。この前も元彼が来てくれたんですが、付き合っていたのかどうもわからなかったくらいです」
税「そう、なんですか‥麻雀は、麻雀は覚えていたんですか??」
小倉「そうなんです、不思議と麻雀だけはちゃんと覚えていたんです」

俺はこの男が、どこまで麻雀を好きで生きてきたのかがよく解った。
ありとあらゆる物事を忘れてしまい
思い出も、記憶も、散り散りになる中
その最後の篩を掛けられた後に残っていた「麻雀」こそが
彼が大切にしてきたもの、という認識にズレは無いだろう。
彼はこうも言った
小倉「もう、つらすぎて何度も死にたいと思った。頑張っても歩けるかもわからない。分からないことをやり続けるのは本当に辛いんです‥
けど、もし僕がそんな気持ちでいてしまったら
僕を支えてくれてるオーナーをはじめ、仲間たちに
どんな顔を向ければいいのか
だから、生きててよかったといつか思いたいんです。
退院したらカラオケいって焼き肉いってタバコすって、生きててよかったって思いたいんです、笑」
あと少しで俺の涙腺は崩壊する所だった。

人間は嫌なことがあったときしか下を向かないし
いいことがあったときにしか幸せを感じにくい生き物だ。
俺は小倉さんに話をされたとき、「辛いだろう、苦しいだろう」と、彼の現状を悲観することしかできないと思ったがそれはきっと間違いだった。
その生への未練という橋渡りを
たった一人の赤の他人の俺にも応援することができるんだよね。
大変でしたね‥というのは間違いではないけど
俺が長い会話の果に出した言葉は「俺といつか必ず卓上で打とう」
麻雀が好きだから、こんな言葉しか送ることはできなかったけど
少しでも彼の心に届いたら、俺は嬉しいな。

出会えて本当に良かった。

  人間は、一人なんかじゃないです。

一人でも誰かのために、あるいは一人でも自分のことを好きでいてくれる人がいたら
それは孤独ではないし
仮にそんな人がいなくても
自分が、自分を愛することができるのだから
本当の孤独は、周囲の関わりがゼロになって
自分も、自分のことを嫌いになったときなのかなって思う。
そうならないように
誰かに愛されたいから
誰かを愛そうとするし
誰かに優しくされたいから
誰かに優しくするし
誰かに助けられたことがあるから
誰かを助けたいと思うんだろうね。

俺も、幾つになったとしても

そうでありたい。

2/3のお母さん前編「どんなやつだろう」

こんばんは、NELFです。

2/3、俺は病院にいた。
たしかに頭はいつもおかしいが
特別俺のどこか体が悪いわけではなかった。

ついた先は都内某病院の204号室
そこに、彼はいた。










君たちは「龍馬の小倉」を知ってるだろうか。
去年の夏に、突如彗星のごとく現れ
その主は休む事を知らず
かつてのNAGISUKE、空覚を彷彿させるプレイヤー。
俺は彼の事なんて何1つ知らなくて、なんかロンやツモやラグがいちいち長いなというくらいの印象しかなかった。
あとよくカンするしすげー後手で押してくる。

画面の奥でしか知ることはなかったが
さいわいなことに、三麻界隈というものは死ぬほど狭く
もう一人一人が近所の知り合いみたいになっている。
すると、その界隈同士での繋がりや会話から
ほとんどのSNSユーザーのちょっとした身元情報くらいは自動的といっていいくらいに分かってしまう。

そして、この龍馬の小倉という者は
難病を患っているということが分かった。
それも、二度と立てるかどうかも分からないというまでの状態。

俺はもとから半ば破天荒な性格面があるので
こういうときに、純粋に「どんな人間なのか」が気になってしまう。
いってしまえば名前、家族、生活状態
全て知れるだけ知りたいと思ってしまう。そんな妙な性格。
けど、やると決めたらとことん突き詰める
すぐに行動に起こす事はわりと早くて
決断力があるというものだろうか。

そんなこんなで、彼に会いに行くにあたって
一度も話したことない彼に
はじめまして、1つ質問していいですか、どこの病院ですか
と、あまりにもストレートな直球を投げた。
しかし、回答も同様にストレートだった。
〇〇病院です。

前置きが長くなってしまったから次に分ける

2/2 ファイナル

f:id:zmatome:20200203232501j:plain
ダイにぼこられた後
最後についた卓は、しめじんvsもりもりおにぎりだった。

しめじんとは既に格付けは済んでおり、完全に彼の麻雀そのものが
俺の世界線の1つか2つ先に言ってることは、俺自身が一番理解していた。
「手順、見えてますよ」と、言わんばかりに繰り出される光速の模打が全てを物語っている。
俺は一番尊敬しているのはzkurtだということは周知の事実だが
一番強いと思っているのは、3年前に出会った一人の打ちて
目の前に座する、このしめじんという男なのだ。

そして上家には「もりもりおにぎり」
彼との対戦や出会いも、とても楽しみにしていた。
Twitterから繰り出されるキレのあるツイート‥
一体どんなやつがこの文章を‥?
三麻オフで次々と勝ち星をあげ、その才覚の片鱗を見せていた。
「セット7連勝」ということで、連勝止めのお手伝いをすべく
これ以上おにぎりに引導を渡すわけには行かない
もりもりどころか、焼き‥いや、こいつだけは炭おにぎりにして「お母さんの恐ろしさ」を教えることが
俺が今ここにいる全ての義務だと心得ていた。

しかし、現実は非情だ。
もりもりのテンションに牌が呼応するかのように、次々と手が炸裂していく‥
そして瞬く間に気づけば2連勝を許していた‥
ただ、冗談抜きで
メンホンチートイの4p単騎をおにぎりされた瞬間、こいつは打てると思わざるをえなかった。
どうしても大物手で、なおかつ情報が不確定な数牌単騎でのリーチは抵抗がある人のほうが多いだろう
それでも、後手を踏んだおにぎりとしては
4pは十分リーチ者に危険、なおかつ七対子のまち頃GETなんてそんな簡単な順数では入らない
ならリーヅモで3倍万、裏で役満の抽選を受けに行くことは
かなりベターな選択だった。
ただの運だけではなくて、あらゆる根拠が詰まった納得のリーチ判断だったように思う。

お母さん「俺は‥ここまでなのかな」

OMISO「税さん」
ささやん「お母さん」
zkurt「息子よ‥」
遠藤「税君」
おーくりー「大きな国のっ♪」
ああ、俺‥死ぬのかな‥走馬灯が次々と走り出したが
気づけば半壮の渦中、俺は気を失っていた。
すぐに意識を取り戻し「すいません、靴下脱いでいいですか?」
すると、全てのサンマ民の力が俺の元へと届けられた。
これ以上のおにぎりは俺だけじゃなく
全サンマ民のプライドがかかっていた
11121、考えてみたら当然の結果だった
だって、麻雀は「強いやつ」が勝つのですから。

もりもりの不敗伝説を見事に破り
気づけばスコアで270、チップで60のプラスを作り上げ
午前のイワ、ケルッケのマイナスを全消しできる程の
その日の勝ち頭となった。

おにぎりの処分に見事に成功し、無事に宜しくです♫との約束を果たした、
ただ、宜しくです♫さんは、過去の異常な行動が最近明るみになり
事実を語るおにぎりに対して執拗に攻撃的なことが残念です‥ちゃんと自分のしたことは責任とるべきだと思いますよ♫じゃないと、○森のひよこみたいになりますからね‥

軽く飯を食うっちゅうことで、駅前の鳥貴族へとGO
スターマインさんと数字の話でめちゃくちゃ盛り上がり
天辺、俺、もりもり、さらまんのまさかの同世代で
天鳳トークもめちゃくちゃテンションあがった。
やっぱりどこにいってもzkurt.遠藤さん、鈴ベル君の話は鉄で出るの笑えるw

サンマ界隈は距離感がかなり近くて
一人一人の仲が結構良いような気がするなぁ。

しゅらる君緑茶イワは次は名古屋らしい、気をつけて
それでいて、楽しんできてくれ〜!!

いつものメンツはもちろん
お初のスターマインさん、おにぎりさん、天辺
今回は本当にありがとうございました。







ああ、終わりたくねえなぁ、こんな毎日。
けどいつか必ず終わりがくる
俺も明日生きてるかも分からない
昨日まで見れた景色が見えなくなったり
昨日まで動かせた手足がなくなったり
それこそ、眼を閉じて寝たが最後、二度と大好きな人と話すこともできなくなるかもしれない。

じゃあ、やることってなんだ?
よくあるアーティストとかユーチューバーとか
有名人なんて
無責任に「好きな事をやれよ」なんて事を
いってしまえばそんな軽々しい言葉を、誰でも言えるような言葉を息をするように吐きかけてくる。
そんなことは言われなくたって誰だって分かっているというのものだ。

好きなことだけを好きなだけやれるやつなんて世の中の保の一人握り。
生まれてきた環境、境遇は全員違って
公平や不公平なんてものは、生まれながらにして必ずある。
それぞれのやり方がある。

俺のやり方は、好きな事をやるために嫌な事もやる。
だから、それに成れなかったことをアレコレ言っても何も始まらないし何も変わらない。
そんなものは、ただの僻みでしかないからだ。
そんな無責任な何も自分の事を知らねえただの文字に身を任せてどうすんだよ
自分の責任は自分で負う。
未来の自分は、今の自分が作り上げていくのだから