三麻の日記

一番追い求めてる打ち手はzkurtさんです。

今日の観戦④

こんばんわ、税です。

麻雀の強さを細かく分ければキリがないのだけど
持っている引き出しとそれの活用がどれだけできるか、これが最もたる事なのは言うまでもない。
今日はそんな一面を目の当たりにした。

f:id:zmatome:20171209212338p:plain
5pを切るのは簡単だ、リターンも大きいが代償が大きい。
ドラの5→字の切り順では、相手に与える情報が大きい。
今回は5pを切っても早い段階でケアされることはないが、手牌の内容が幾らか明るみになることは確かだと言える。
f:id:zmatome:20171209212425p:plain
いざターツが確定し危険牌になりかねない5pを切りたくもなるだろう。
ここで切るのも簡単だ。使わないのは分かっているのだから。
f:id:zmatome:20171209212452p:plain
3sをポンして打5p。
この5pの場所が本当に良いと思う。
前の記事「しゅらるに学ぶ」にも同じような局面があって
端から見たら無粋に浮いたドラを残しているように見えるけれど、これは技術だと私は思う。
河の作り方にくっきりと打ち手の意図が出ているのだから
それがどういう意味を持つものなのか、はっきりと分かる。
今回の5pの切りどころも、後すこし他家の捨て牌が濃ければ放すこともいよいよ選択しなければならなくて
そうゆう場況も含めての判断もまた技術でありセンスである。
こうゆう切り順を見ると、この人がいかに普段考え抜いて打っているのかが分かる。

f:id:zmatome:20171209213710p:plain
親の6pが19字ならまだ持つのだろうという気はするが
ツモ6s限定でしか活かせないので放し処はここにで良しとみる。つまりは他家の濃度に合わせる。

f:id:zmatome:20171209213922p:plain
1mが二枚切れということを加味したような1手だ。
打1mの場合、縦に対応したツモをもらったとき(ここでいうツモ3p67s)
バッタで打てる優位性はあるが,3p67sが絡むバッタ反対にかなり弱く、本線は258ラインをひいてのリーチ。
私は3p67s絡みのバッタ曲げは「確実にしない」ということを自分でわかっているので
ツモ24pで最高なシャンテンを迎えられる打3pとしているのだろうか、などと思った。
ただでさえ中順以降の愚形リーチが嫌いで牌種も強い部類ではないのも大きな理由だ。
実践ではこのあと6sを引き少し考えてリーチとしたが、一発もつもることなく他家の横で流れた。

f:id:zmatome:20171209214602p:plain
f:id:zmatome:20171209214652p:plain
たまたま、「この手、すぐに中がでたらドウスル」と思ったら本当にでてきた。
f:id:zmatome:20171209215901p:plain
けど、別に全力であがる局面でもなくて
ちゃんと守備面も考慮し前順の9mをスルーし
バランスの良い手組とした。
良×良なので仕掛けるのもいいと思ったが、仕掛けないのもまた良いと思う。
それぞれの手組の基準は違うのだから、結果的に自分のやり易い方にすれば良い。
ちなみにここでツモ切りとしたが、私は中を残して7pを打っているかなと思った。。

あと1枚あげたいけど長すぎるのもあれなのでこの辺りで。

しかし。この人のレベルになるまであとどれだけ頑張れば良いのかね。

麻雀

こんにちは、NUCOです。
年末シーズンになり、今年も残すところあと3週間と少しになりましたね。

とはいっても日常にさしたる変化はなく
毎日毎日懲りもせずにスキャンダルやら政治問題やら凶悪犯やら変質者が出ましたやらの繰り返し……
日本というのはどうしてこうも、せわしないのでしょうか。

そんな暗い報道とは裏腹に
前日、棋界で有名な羽生さんが永世七冠という偉業を達成したというトピックスが舞い込んできましたね。
私自身、将棋のイロハは持ち合わせてはいませんが
とにかく凄いということがあちらこちらのメディアやネットワークで話題になっていた。
少し前にフォロワーのk君に言われたのですが、
同じ趣味を持ち切磋琢磨しているという点は共通しているが
叩く、晒す、貶めるが大好きな麻雀界とはえらい違いだなと。本当にそうだ。

なんでも将棋界のトッププレイヤーの羽生さんという人間は
棋界の進展を心より願っており、そのためなら自分の思考開示も辞さないそうです。

かたや麻雀団体のトップ層にいる人間はどうだろう?
気にいらない奴がいればあまりにも厳しすぎる(これは人によってラインは違うと思いますが)判定で除名だっり。
ファンサービスなのかなんだか知らんけど○○リーチ、中身を見ればただの割れんばかりの叩きつけててるだけ。
こんなふうに、牌1つとっても扱いさえロクにできない。

仮にも自分がお世話になってる競技道具。
そんな人間が「私はプロのトップ層です」なんて言われても、そこになんの意味があって、何をもってプロでありトップなのか。些か不明に感じてしまう。

プロのなんたるかを語る事は私にはできないけれど、少なくとも進展を目指していく人間がすることではない思いますね。
その程度の民度でプロが認められてしまう事自体が、業界の水準を下げているように思えなくもない。

話は変わってこの前、とある人に
「自分より強い人間が何万といる中で、膨大な時を経てもその強さを越えられなかったら虚しくならないのか」

みたいな言葉を投げ掛けられた。
ほんの少しの間の後に出た私の答えは、NOというものだった。

自分の可能性を信じて続けてきたものが、芽にならなかったとき。確かにそれは虚しさや悔しいと思うにはこれ以上にない 理由でもある。

けれど、こと麻雀。
これだけに関して言えば私の考えはよもやの逆なものでさえあると認識している。

自分を信じていないわけではないけれど、自分の今のレベルがもしも最高水準だとしたら
麻雀はこの程度(自分レベル)の思慮でなんとかなるという末路に至ってしまうと思ったからだ。

例えば分かりやすく天鳳に例えてみる
私の主観であるが数字だけ見たときに、ずば抜けたスキルを持つであろうと想定できる「あさぴんmj」「一蓮」「zeRo」
もちろん瞬間の運の左右の偏りがうまくマッチしていないというのは前提として
このあたりの人間が天鳳位に惜しくも到達とならない事実を見たときに
「彼らのようなトッププレイヤーでさえなれないなら自分なんか到底……」と思うかもしれない、だけど。
同じ人間である以上、彼らに出来て、自分にできない。ということは極めて少ないだろう。
そう考えると、まだまだ自分にできることはあるんだと思えるし
自分の熱意と思いだけで、彼らを越えることも可能だというその事実こそが自分を信じ続ける価値は十分なものだと思える。
麻雀の魅力は人それぞれだけど
いくら時間をかけても、理解には遠く及ばないもの。
それだけで美しい。

最近の善行

どうも、NELFです。
1枚だけうぷします。
f:id:zmatome:20171206090335p:plain
東をポンして打4pの倍万濃厚な手。
仕掛けの筋、とくに最終打牌の筋ならば尚更ケアしていたのですが(7pは今引いてきて、白と入れ替え)
f:id:zmatome:20171206090353p:plain
8pがノータイムで切られたことで、 68 89 77XXのバッタ は結構無さそうということで7p打ったら1177pに当たり。
明らかに高打点なので退くのが無難なのかな?8pノータイムが無ければ打たなかったのは間違いない。
妙に読みを過信しすぎてしまった気がする。

さて本題に入りますが
時に皆様は、善行をすることってありますか?私はあります。
理由は教えません。
さて、最近私が取り組んだ成果を発表したいと思います。



①信号待ちの際、隣の車に首ごと向けて笑顔とピースをする
信号が緑になっても基本は続けますが、後ろからクラクションが聞こえたらそれは迷惑サインです。
すみやかに発進しましょう。
この時、発信するからといって笑顔を崩さないこと、がポイントになります。
地味な善行ではありますが、こういう所でアプローチできるかどうか。ね?そういうことなんですよ。


②漫画喫茶でのモラルを改める
漫画喫茶といえば、お客様の大半は静かに個室であれこれしているのだが
自室の扉を全開にして通りがかる人間全員に「こっちこいよ(笑)」と呼び掛けてみる。
すると勇気やけじめを持った人間はしっかりと向き合いにくるだろう。
意気地無しやゴミオブゴミは気味悪がって敬遠するだろう。
しかしそんなやつら相手にする必要はない。
そうやって人の見る力を養っていくのだ。
更にその上を行きたいやつがいるのなら
一応片手にばななを持っておく。
近寄ってきたけじめのある人間には「これ、ばなな(笑)」という気の効いたトークもできるようになる。ね?そういうことなんですよ。

これはオマケで、皆様が会社で上司に怒られてしまったときの対応方法
①エクゾディアを全て見せて「おまえなんかぶっつぶしてやるよ(笑)」で去る
するとだいたいその日の夜にお菓子をもって謝りにくるから笑ってしまうよ
②怒られてる最中に突然「ああああああああブルーアイズホワイトッドラゴンッ!!こいつを焼き尽くせ滅びのバー・ストスト・リーッ!!」って言うだけ。あとはまぁなんかよくわからんがクビとか言われても気にすんな。
③怒られてる最中の相槌のかわりに、「本格派スマホカードバトル、シャドーバース(笑)」これを冷静に伝える。

これを読んだら、ご自分がどれだけちっぽけか分かっていただけた方が多いのではないでしょうか?
けど大丈夫。気づくのが遅かったなんてことはなくて
「気づいた時」こそが「スタート」なのだから。
そして最後に三麻民から届いたお便りコーナー。
今週はどのような問が届いたのでしょうか。

夕方チャンス:人は何故、生きていくのでしょうか?
税:自分を愛する人と、自分が愛する人に巡り合うためだと思います

モンスター5:おすすめの飲み物を教えて下さい
税:豊臣秀吉

今日も元気に、行ってらっしゃい

何を切るんですかね

f:id:zmatome:20171205125010p:plain

色々と候補はあるんだけど、
8p,5s,4sあたりが有力?なのかなと思うんですが
個人的には8pが良いのかなと思った。
理由としては結構はっきりとしている。
大前提としてこの局面でのリアルな方針って
如何にあがれるかより、いかに失点せずに消化できるか?にある。
その中で、この手この場二になってしまって安牌が無いのなら
テーマ通り「できるだけ失点せずに」にできるだけ近いものを選ぶ。
ここで選択肢を再確認。
4s→(147s)自分から六枚見え、両無筋
5s→片筋、しかしフリテン
8p→自分から六枚見え、片筋

こうなると、5sはなんとなく微妙に見える
唯一のフリテンとなり、純粋に和率が下がる。
どのみちどれも無筋なのだから、和率を犠牲にすることはないだろう。


4sと8pの比較。
4sは両無筋、8pは片筋(9pの場所的に間8pも普段より格段に少ない,バッタも無い)
なにもこれだけではない。
前述したように「できるだけ失点しない方針」を考えると、この一時だけではなく
この後に渡らなければいけない橋をどうするか?という事に思考を割いてみる。
するとどうだろう?
次に引いてくる牌を押す事は簡単だ、が。どうしてもまた押しにくい牌がきてしまったらまた無筋を切らなければならない選択を強いられる。
この「強いられる」こそが今回の一番の比較でもあって
8pを切るとどうだろう?
危険ハイを引いたときに、8pで降りるか(しかも三順は確保できる)ひいてきた無筋を押すかを「選べる」とという余地ができる。
私のような後手の対応力が凡夫な人は活かすことは難しいが
対応力のある人間だとしたら、この「余地」をうまく使えるんだと思う。


4sと8pの比較をまとめると
①危険度が違う(両無筋か片筋)
②4sを切ると次順以降に引くをほぼ「押す」ことが多くなる(危険ハイを引いても自分がテンパイで無筋で繋げるよりも結果的に失点率は低くなる傾向があるため)
4sを切ったからこの先押し続ける事にはならんという意見もあるかもしれないが
なら、尚更ここで1枚8p切っとけば良いのでは?という話になるんじゃないかなと思う。
4s切り→○○引いた!これは押さない!ってなったときに、また1枚冒険しなきゃいけなくなるわけで。
この考えが正解とかそういうのはどうでもいいのだけど
この考えを持ってして、結果8pが刺さってしまってもなんの悔いも無いです。
どっちにも危険はあるのだから、刺さる刺さらないは別として
そこに至るまでの思考過程というものは
できるだけ大切にしてやりたいと、心からそう思う。だからあなたも三特をやりなさい。
三特をやりなさい。
自分の心が豊かになるのだから。
三特をやりなさい。
理不尽と向き合うことが、理不尽を理不尽だと思わなくなる一歩なのだから
三特をやりなさい。
いつしか理不尽が理不尽じゃなくなるのだから。
三特をやりなさい。
一は皆、生まれながらに三特をやる権利があるのダカラ。

三特を、やりなさい。

今日の観戦③

こんばんわ、税です。
まずはてはじめに。
f:id:zmatome:20171203230629j:plain
三特民:役満ってのは自分のツモで作り上げていくもの。
はいぱいの役満イーシャンテン役満にするのは手作りの力もない三鳳民(笑)がやること。

流石です。

そしてここからが本題。
今日は素晴らしい卓が目に入ったのでたまたま見たんですが
案の定大当たりの内容でした。
本当に強い、彼らは。

f:id:zmatome:20171203231122p:plain
なにげに難しいと思いました。
中盤、或いは9m1s2s合計2枚以上見えなら打1p
序盤だと45sのドラドラの面子手をメイン視野にしてであがり効率も含めて打2s>9m
あたりにしようかなってイメージが浮かびました。

f:id:zmatome:20171203232053p:plain
自分の手が高く、逆に降りる牌も若干乏しく
親りーといえどマックスに受けたくなる人もいるだろう。
ここから
f:id:zmatome:20171203232306p:plain
なるべく危険牌のあふれない方へ持っていき
f:id:zmatome:20171203232350p:plain
3pだけは頑張ってリーチで競り勝つ。
この手順は凄いな、。
親リーが一段目にかかった段階でかなり厳しくなるのだが……そこから跳ね返して倍ツモに仕上げるのは、流石としかいいようがない。

f:id:zmatome:20171203232638p:plain
序盤の一段目で捨て牌の位置もそれなりによいので
個人的にはリーチとしてしまいそうです。
リーチするというのも何か特別なデータがあるわけでもなく
ただの体感をバックにした判断にすぎないが、あまり和率は変わらないのかな、何て思ったりはする。
こういうダマ満貫って、各々の基準は結構違うものですよね。

f:id:zmatome:20171203233103p:plain
こういう手から、7p8pどっち切ろうか?なんて考えの人もいるだろうが
私は9sを切ると思います。
7pはドラ愚形からみ、8pは単純にドラ
この二種を押し出す手順を前提とする手組はあまり好きではない。
69p入ってそうずの形で勝負、そうずがまとまって69p待ち勝負、この2ラインの手順想定が好みです。
f:id:zmatome:20171203233407p:plain
わりとこの4pはラフに押してしまいそうです。
放銃リスクは承知の上でツモ58sで勝負する手順を残したいっていう和了願望から来る部分なんでしょうね。
んで悲しいのがこれ
f:id:zmatome:20171203233902p:plain
さっきからどんだけ入り目きついん……笑
こうなったら8pが現物な以上合わせるしかない。
f:id:zmatome:20171203234006p:plain
と思いきや後手を引いてもつれてもギリギリまで形を壊さずにしっかりと面を作って1枚だけ通してリーチ
ほんと器用だなこの辺は特に。

運ゲー運ゲーといわれる三麻だけど
運ゲー運ゲーだけど、差が開く部分はちゃんとあるんだぜ……?と言わんばかりの手順に思う。
我慢強さと胆力が違う。同じ負けるにしても、その濃度は本当に濃い。

三特 とは

どうも、三只眼です。
今日は昨日に引き続き「三特」について語りたいと思います。
昨日話したのはほんの一部分で、三特が我々の人生にどのように影響するのかを説明しようと思う。
実際にこの前あったケースをあげてみる

ちなみに
f:id:zmatome:20171202145319p:plain
これは小百合という私の助手だ。

①就職で有利になる
面接官A:君、これといって特技も資格もなければ、この空白の2年もある。一体何をしていたのかな?
私:あっ、あの……その……さ……く……
面接官B:はぁ……結局何もせずにだらだら過ごしたってことでいいのかな?笑
わ:……さ、三特をやってました……。
面接官:え!?三特!?度重なる御無礼、申し訳ございません!是非うちで働いてください、いえ……社長……社長と呼ばせてくださいぃぃ!!
私:くらえええ粉雪ぃ!!(いきなり頭をかきながらふけを出す)
面接官ABC:おおおおお!!魂のジエットストリームアタックゥッゥッ!!
私:ふ……当たらなければぐあああああああああああ
glanz90:なんて破壊力なんだ!!

②伊勢海老にモテル
A子:俺君って顔もイマイチで財力もないキモータだよね
俺:一応、元三特四段だけど?
A子:結婚しましょう
SG二留、天元ルイ:信じてるものを……強く引き寄せる!!!

まさにいいことずくし。鋼の錬金術師
つ、ま、り。世間的な扱いも変わってくるということ。
それと、よく見かける「麻雀強くなりたい!」とかほざいてるおまえら、本当にいい加減にしろ。
ただひたすらに「三特」を打つだけで強くなれるのに、それをやらないやつが多いこと多いこと。
逆になんなの?三特を打たないやつはなんなの?
逃げちゃダメだ逃げちゃだめだ逃げちゃダメだ。
目の前に「三人打特上卓」というコンテンツがあるのに何故やらない?何故ないものとする?
それだぜ?おまえの「強くなれない」理由って。
三特をやりなさい。
それはあなたの人生を豊かにする。
三特をやりなさい。
それはあなたの人生をテニスにする。
三特をやりなさい。
牌の声が聞こえるまで、回鍋肉の声が聞こえるまで頑張ってみること。
三特をやりなさい。
それだけであなたは強くなるのだから。

三特を、やりなさい。

三特

こんにちは、税です。
今日は、全日本三人麻雀特上卓通称「三特」について話したいと思います。
特上卓というのは「特上級」の打ち手、即ち「選び抜かれた精鋭」ともいえる。
こんな話をすると、ズブなトーシロは
「え?鳳凰卓の方が強いっしょ」っていうノータリン少なからず出てくる。
俺から言わせたらまるで分かってない。
俺の知り合いに「Sじん」という打ち手がいるのだが彼はこう言った
「特上を制した者だけが、麻雀を語れる。鳳凰でいくら結果を出そうがそれは幻影にすぎない。特別で、上級な場所で結果を出すこと、それが天鳳における美徳というもの。」
かなり的を得てる。そういう意味では、鳳凰よりも更にハイレベルな卓で打ち続けている彼らこそが
真の勝利者、ウィナーなのだ。
これだけ説明しても分からん人のために一応例を書いておく
うなぎ専門店に行って
「うなぎ、鳳凰。」っていっても店主の人は
おまえさん、なにいってだぃ?お宅に食わせるうなぎは無い。帰んな。ってなるけど
「うなぎ、特上。」って言ったらどうなると思う?
い!?、と……と……特上だと!?この人は……本物…俺たちみたいな立派なうなぎ職人には到底たどり着けない……圧倒的……!圧倒的モノホン……!
ただ毎日……ひたすら……うなぎを作るだけの俺らとは「器」が違いすぎる……!うつわ……圧倒的ウツワ!!
ってなるでしょ?そういうとこなんだよ。
つまり、特上>鳳凰。これが分からないやつは麻雀のゲーム性を理解していないといっても過言ではない。
アナログでもデジタルでもないんだよ。「アンサー」なのだから。

前置きは長くなってしまったが
つまり三人が三人とも本当に強いやつだけが在卓することができる神聖な場所である。

これを読んだら、今あなたが何をすべき事が見てきただろう。
三特をやりなさい。人生の半分を三特につぎ込むことで、きっと分かるものがある。
三特をやりなさい。生きてるうちにしか三特はできないのだから、これをやらないのは「冒涜」でしかない。
三特をやりなさい。お母さんにもお父さんにも頼らずに一人で生きていくためには「三特力」を養うこと。

「三特を、やりなさい」
以上だ。